読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

100歳の少年と12通の手紙

100歳の少年と12通の手紙

100歳の少年と12通の手紙

作家
エリック=エマニュエル・シュミット
阪田 由美子
出版社
河出書房新社
発売日
2010-10-21
ISBN
9784309205526
amazonで購入する

100歳の少年と12通の手紙 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

白血病でもうすぐ死ぬことが分かっている10歳の少年が神様に手紙を書く物語。100歳となっているのは1日を10年と考えるためだ。強烈な印象を残す物語で、自分の生き方を見直してみたくなる。少年を支えるボランティアのローズさんの存在が温かい。透き通るような美少女のペギーとのブラトニックな恋が泣かせる。元気で長生きするのが幸せなのかもしれないが、このオスカーのように短いながらきらめくような人生を送る人もいるに違いない。オスカーは最後の10日間で濃密な人生を生きたのだと信じたい。

2016/04/10

キジネコ

小児終末医療を材に選ぶ難しい仕事を作家はこなしました。10歳の少年オスカーが死に向かう12日間に神様との対話をする為に手紙を毎日書き始めます。サンタの裏切りによって神の存在など金輪際信じていない少年がボランテイアスタッフのローズさんや病棟の子供達との交流を通じて驚くべき成長をみせます。生、死、信仰、神について語られるシンプルで哲学的な考察に思わず頷きつつ 所詮は…と嘯いていた私自身の冷めた目が何時か物語世界から届く問いに潤み始めました。「病気は死と同じだよ、事実であって罰じゃない」が胸にズンと響きました。

2018/01/09

ののまる

「人は年を取れば取るほど、人生を味わうためのセンスが必要になる」 「思ってることを。思ってるけどいわないことを打ち明けるんだよ。そのままにしておくと頭にこびりついて離れなくなるからね。新しい考えが生まれる余地がなくなって、だめな人間になってしまうんだ。話さないと、あんたの頭の中は古臭い考えでいっぱいになってしまうよ」。映画も観たい。

2016/04/16

けんとまん1007

人の成長とはいったいどういうことなのだろうか?どういうふうに成長していくものだろうか?そのきっかけは何なのだろうか?と、いろんなことを考えさせられた。年齢、身体的年齢と精神的年齢、文化的年齢など、いろいろあるんだろう。こういうふうに変化することこそ、成長なのではないかと思う。人を慮ること・・ここに尽きるのだろう。そして、謙虚さだと思う。

2014/04/13

rumi

難病を抱え余命いくばくかの幼い子供の話なんてお涙ちょうだい的でただただ悲痛。しかし本書からはユーモアと悟りと希望が漂う。10歳の少年オスカーは余命宣告され、唯一彼が心を開いた老婆ローズから一日を十年と考え生き毎日神様に手紙を書くことを進められる。残されたわずかな日々で見つけた人生の意味とは…。なんて深いっ 哲学書にも負けない深さ。やはり涙涙…鼻かみつつ今があることに感謝。

2013/01/23

感想・レビューをもっと見る