読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アップダイクと私 ---アップダイク・エッセイ傑作選

アップダイクと私 ---アップダイク・エッセイ傑作選

アップダイクと私 ---アップダイク・エッセイ傑作選

作家
ジョン・アップダイク
若島正
森 慎一郎
出版社
河出書房新社
発売日
2013-01-19
ISBN
9784309206134
amazonで購入する

アップダイクと私 ---アップダイク・エッセイ傑作選 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じゅん兄

学生時代に読んだ「一人称単数」以来の再会。帯にある通り「エッセイと書評の醍醐味ここにあり」。美術、映画、スポーツ、そして小説、ありとあらゆるアメリカ文化を肌で感じることができる。古き良きアメリカ、ベトナム戦争を経て退廃するアメリカ、僕はアップダイクのエッセイとアメリカンニューシネマで彼の地に憧れた。僕の好きなテッド・ウイリアムスやジーン・ケリーが入っているのが嬉しいし、書評の最後が「海辺のカフカ」とは心憎い。和田誠の装丁もいいね。

2013/08/04

メセニ

半世紀に渡る作家生活で、アップダイクは小説以外にも多くの文章を残している。エッセイや書評を収録した評論集など、文学に限らず映画や美術、漫画にポーカー、ゴルフに関するものまで様々。現在そのすべてを日本語で網羅するのは難しい。本書には「アップダイクの世界の小さな見取り図」となるよう、厳選された26の文章が収められている。瑞々しい少年期を回想する「ブッキッシュな少年」「昔の映画館」、ある野球選手にまつわる「ボストンファン、キッドにさようなら」、『アクシデンタル・ツーリスト』や『海辺のカフカ』の評がとりわけ良い。

2018/02/15

Ecriture

「論じない」というアマチュアリズム、ゴシップ志向が特徴のアップダイクの評論&エッセイ選集。「ボルヘスと私」を踏襲した「アップダイクと私」、漫画と執筆の関係を述べた「漫画の魔法」、神経系統をまるごと新たにして時のもたらす変容を描いたプルースト評、室内装飾描写の名手・ハーディとウォートンを主に扱って「建築家=小説家」、「小説=家」という視点を打ち出したエッセイ、村上春樹『海辺のカフカ』に寄せたエッセイなど収録。

2013/05/11

ArenasR

実はアップダイクって名前におぼえは覚えはあるけど読んだことない...という、相変わらずそれで読書好きを名乗ってええんかいな状態ですが。そして語り口に慣れるまでに多少時間がかかったりもしたのですが。なんといっても「ボストン・ファン、キッドにさよなら」が好きだなぁ。私は特に野球に興味はないし、興味のある人がどのようなところに興趣を感じているのかもわからないクチですが、どんどん引き込まれ、まるでまさにその野球場にいて、観客たちと一体感を感じ、キッドの引退試合に臨んでいる、そんな気分になった。読書の醍醐味。

2015/05/20

Kamisama

書評の心得「けなして読むなと言うより、褒めてすすめること」 すばらしきかな淀川長治スタイル。

2013/02/01

感想・レビューをもっと見る