読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

十二月の十日

十二月の十日

十二月の十日

作家
ジョージ・ソーンダーズ
岸本佐知子
出版社
河出書房新社
発売日
2019-12-11
ISBN
9784309207865
amazonで購入する

十二月の十日 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケンイチミズバ

帯のコピーで買ってしまい後悔する。またか。シンプソンズやスポンジボブを小説にしたらこんな作品になるかも。どちらもアメリカでは確実に受けるギャグや放送禁止用語を含めパンチの効いた台詞が満載だが日本人にはいまいち、苦笑い程度なことはよくある。全米ベストセラーなので何かがあるに違いないと思わなくちゃの意識が先行した。子犬をもらいに行った家が所謂プアホワイトの家庭でその描かれ方は失礼に思えるだけでしかない。最近見たドラマではトランプに投票したことを職場で批判するシーンがあったが、これはすごいなアメリカとは思った。

2020/01/20

ペグ

読後、涙が止まらない。それは(悲しい)とか(つらい)とか、ましてや(可哀想)とかでは全く無くて。10作品の主人公たちはプア・ホワイトで生活は困窮し、足掻き、希望し絶望している。惹句に「これほど笑わせてくれる小説家はちょっと他にいない〜岸本佐知子」とあるが、わたしには笑えなかった。登場人物の軽口や悪ふざけの底にあるものが切なくて。全ての作品が印象的だったけれど最後の「十二月の十日」にソーンダーズの真価を見た。言葉によって紡がれる物語の凄さを実感。十二月の十日はクリスマスの二週間前である。

2020/04/27

アキ

岸本佐知子の翻訳だけあって、一風変わった短編集。アメリカの底辺であえぐ人々の「今」が透けて見える。2013年出版。著者は同年『タイム』誌にて世界で最も影響力のある100人アーチスト部門に選ばれた実力者。「スパイダーヘッドからの逃走」のSF的内容と終わり方、「センプリカ・ガール日記」カード残高0の時のくじに当たった金の使い道、「訓告」上司からのキツい仕事も乗り越えようとハッパのメール、現代アメリカ社会で生きる人々の生活をそのままあぶり出した感じ。ガーディアン紙が選ぶ21世紀ベスト100・6冊目/100。

2020/03/18

ヘラジカ

全米図書賞候補作というだけで否が応にもハードルをあげてしまうところ、『リンカーンとさまよえる霊魂たち』は昨年のベスト級の傑作だったので度を越した期待を寄せていた。結果的には一作目から痛烈なパンチを浴びせられノックアウト。やっぱり素晴らしい短編集だった。ユニークで楽しい作品の数々。奇妙奇天烈な設定ながらもすんなりと飲み込めるのは現代社会のカリカチュアだからか。痛烈に風刺が効いていて唸ってしまうほどシャープだが、読んでいても申し分なく面白い。今年度のベスト短編集候補。

2019/12/12

Minami

短篇集。短い物は2ページ、長めの物も織り交ぜて10の物語。どの話にも訳ありでポンコツな人たちが登場する。そしてその人たちの妄想の世界を、岸本佐知子さん訳の軽妙な文体でどんどん読ませる。出だしの「ビクトリー・ラン」にグッと心を持っていかれた。読み出してからこれはSF?という内容も。怖かったのは「センプリカ・ガール日記」。「スパイダーヘッドからの逃走」もあり得ないと思いながらもストーリーに引き込まれた。そして表題作。思いがけず私はちょっと涙。どの登場人物に対しても温かい眼差しが感じられて、胸熱くなって読了。

2020/02/27

感想・レビューをもっと見る