読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シンデレラ: 自由をよぶひと

シンデレラ: 自由をよぶひと

シンデレラ: 自由をよぶひと

作家
レベッカ・ソルニット
アーサー・ラッカム
渡辺葉
渡辺由佳里
出版社
河出書房新社
発売日
2020-11-26
ISBN
9784309208107
amazonで購入する

シンデレラ: 自由をよぶひと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モリー

私達がよく知るグリム童話の「シンデレラ」は、古い物語の一つのバージョンに過ぎないと言われています。そう前置きしたら、興味を持ってもらえるでしょうか。シンデレラ修正主義者によって書き直されたこの物語には何が継承され、何が修正されているか気になりませんか。以前、グリムのシンデレラを修正した映画エバー・アフターを見たことを思い出しました。その映画も悪くなかったのですが、この物語に加えられた修正の方が、より切実な修正の理由があったことを後書きで知りました。現代の女性には特に響く物語に仕上がっていると思います。

とよぽん

シンデレラとは、灰かぶりという意味。部屋を与えられず暖炉のそばで眠る継子に、魔法使いの妖精は「助けてほしい、と思ったら助けを求めなきゃ」と言う。窮状の抜け出し方、自由になるってどんなことか。王子と結婚して暇な王女になることではなく、尊厳と自己決定がある良質で意義ある仕事をすることだ。自由を手にしたシンデレラ改め、本当の名前「エラ」は、友達に語る。アーサー・ラッカムの絵が素敵。渡辺 葉さんの訳者あとがきが熱い!

2021/02/09

yyrn

超有名なシンデレラの話をこんな大胆に改変(シンデレラは舞踏会後、ケーキ屋になっている!王子さまは〇〇に!?)しても良いのなら、私は「泣いた赤鬼」を青鬼も遠国で幸せに暮らしている話にリメイクしたい。「鶴の恩返し」では覗かれたくらいで帰らずに、もう無理して機を織る必要はない、僕が一生懸命稼ぐからと男に言わせて、二人で幸せに暮らす話にしたい。昔話に教訓はいらないなどと妄想するが、この本の面白いところはオリジナルの絵本の、アーサー・ラッカムが描いた影絵をそのまま使って新しい話を作ってしまったところだろう。お見事!

2021/03/03

ツキノ

2020年11月発行。新解釈のシンデレラ。影絵も含め、とても素敵!とてもいい!某氏の本音丸出しの発言が物議をかもし、ジェンダーについて考え見直す風潮がある今こそ読みたい。本の作りについて、言ってもどうにもならない意見を言うなら表紙の銀色キラキラをやめて、解説の文字を大きく増ページで作ってくれたらよかったなぁ。(E71)

2021/02/26

みさどん

絵本で大人向け。これはシンデレラである必要はなかったのでは。魔法にとらわれずに舞踏会をあとにし、王子様との恋愛話はなく、義理の姉とは仲直りをし、実の母親と再会する。仕事を持ち自立したシンデレラだなんて、全く新しい物語だと思う。切り絵好きにはどの挿絵も素敵だった。黒と青と水色で魅せられた。

2021/04/13

感想・レビューをもっと見る