読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヌマヌマ ; はまったら抜けだせない現代ロシア小説傑作選

ヌマヌマ ; はまったら抜けだせない現代ロシア小説傑作選

ヌマヌマ ; はまったら抜けだせない現代ロシア小説傑作選

作家
ミハイル・シーシキン ほか
沼野充義
沼野 恭子
出版社
河出書房新社
発売日
2021-10-26
ISBN
9784309208404
amazonで購入する

ヌマヌマ ; はまったら抜けだせない現代ロシア小説傑作選 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヘラジカ

決して分かりやすく面白い作品ばかりではないが、それだけにロシア文学の幅広さと奥深さを感じることが出来る。郷愁的で美しい小品から血反吐に塗れた狂気の怪作まで、多様な作風のなかにも、社会体制と気候風土が醸成する共通の風味のようなものがあり、成る程、確かに続けて読んでいるとハマってしまいそうだ。楽しみはペレーヴィンだったが、キャレールの傑作伝記小説『リモノフ』で知ったエドゥアルド・リモーノフの作品(長篇の一部)が収録されていたのは嬉しい驚き。刺激ある作品の中で際立っているのはエロフェーエフの「馬鹿と暮らして」。

2021/10/28

くさてる

現代ロシア、という区切り以外はバラエティに富んだ内容の短編集。面白く読めたものもあれば途中でギブアップしたものモあったけれど全体的には個性あって面白いアンソロジーです。どれを選ぶかによってそのひとの読書傾向が分かるかも。わたしが好きなのは「空のかなたのぼうや」「庭の経験」「蝶特急『ロシアの弾丸』」でした。

2021/11/27

Satoshi TSUNODA

馬鹿と暮らして 僕はエージチカ『ロザンナ』

2021/11/29

感想・レビューをもっと見る