読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

呼吸をふわっと整える: 整体の極意は呼吸の「間」

呼吸をふわっと整える: 整体の極意は呼吸の「間」

呼吸をふわっと整える: 整体の極意は呼吸の「間」

作家
片山洋次郎
出版社
河出書房新社
発売日
2019-10-16
ISBN
9784309249292
amazonで購入する Kindle版を購入する

呼吸をふわっと整える: 整体の極意は呼吸の「間」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Asakura Arata

瞑想中の呼吸の数を数えるが、うまくいかないことが多い。小さな失神を起こしているのか。間は確かにポイントだと思う。呼吸のどこでカウントするかにもよる。小川美潮、橋本一子夫妻とかって、ハニワとはワハハのメンバーだな。懐かしい。

2019/12/23

Kenji Nakamura

まずは姿勢を意識しまチュウ🐹❣️

2020/04/03

よこよこ

分かってしまった時(降りてきた、腑に落ちる、目から鱗が落ちるなど)の、理解が深い時ほど、その感覚は身体的なもの。 本当にそうだ。なのに、また本を読み、頭で考えて、分かったようなフリをしようとしていたことに、この箇所を読んで気付いた。頭で考えれば考えるほど分からなくなることもある。思考を減らし、感じること。頭に送る酸素を減らし、全身へ巡らす。呼吸について思考している限り、深い呼吸はできないだろう。 身体、気持ち、考え、環境の波を感じ、その変化をただ流れとして見つめることで、無心へ近づく。

2021/06/02

感想・レビューをもっと見る