読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プロフェッショナル13人が語るわたしの声優道

プロフェッショナル13人が語るわたしの声優道

プロフェッショナル13人が語るわたしの声優道

作家
井上和彦
大谷育江
関智一
田中真弓
千葉繁
飛田展男
冨永みーな
朴璐美
速水奨
平田広明
三ツ矢雄二
宮本充
森川智之
藤津亮太
出版社
河出書房新社
発売日
2019-05-25
ISBN
9784309256351
amazonで購入する

「プロフェッショナル13人が語るわたしの声優道」のおすすめレビュー

「海賊王に、俺はなる!」あの頃のヒーローが、戦友として帰ってくる! 名声優13人が語る役者魂&仕事術

『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』(藤津亮太/河出書房新社)

 子どものころ、ドラえもんやピカチュウのモノマネをしたことはないだろうか。

 アニメ、洋画の吹き替え、番組ナレーション、果てはカーナビの声。声優という職業はとても身近にあるのに、我々は「特殊」な、近くて遠い仕事だと思っている。

『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』(藤津亮太/河出書房新社)は長年業界の第一線で活躍する、ベテラン声優13人の「声優道」をまとめたインタビュー本だ。アニメ評論家である著者が代表作からちょっとマニアな役柄まで、演じた役柄について尋ねながら、彼ら自身の魅力を浮き彫りにしていく。

 声の職人、とも呼ばれる声優。各々が語る濃厚な演技論や熱い思いには目を瞠る。常に活躍している彼らにも、苦難や挫折はあった。その言葉は厳しさと仕事への愛に満ちていて、アニメファンだけではなく、幅広い層への「働くヒント」が隠されていた。

■ドラえもんスネ夫役・関智一が悩んだ「70点の壁」

 ドラえもんのスネ夫、妖怪ウォッチの変な執事・ウィスパーから、落語アニメの落語家まで、…

2019/6/29

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

プロフェッショナル13人が語るわたしの声優道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

新刊。大好きな声優さんだらけでニヤニヤしながら読了♡皆さん本当に素晴らしすぎて凄すぎる!「声優は職人だ!」と実感しました。文面がそれぞれの声優さんの声で再生されるのでニヤニヤ倍増。笑 平田さん(サンジの声)の声優論はカッコよかったなあ…飛田さんは確かに眼鏡の変な性格の人、というイメージがある。笑 三ツ矢さんの「100%で良い仕事なのに120%でやってしまう、でもその20%の過剰が次の仕事に繋がってきた人生」という言葉に痺れました!インタビュアーさんが男性だからか、少女漫画に触れるのが少なかったのが残念〜。

2019/06/16

緋莢

図書館本。一迅社が隔月で刊行しているアニメ雑誌『Febri』の連載をまとめたもの。13人の声優へのロングインタビューが収録されていますが、井上和彦、速水奨、三ツ矢雄二 田中真弓、関智一など、アニメに別段詳しいとまでいかなくても、名前を聞いた事があり、かつ演じているキャラクターがすぐに思い浮かぶという人が多かったです。どの声優さんのインタビューも興味深かったですが、特に印象に残ったのは朴璐美と飛田展男(続く

2020/02/14

mamaboo

名前を見ただけで喜んでしまう。年齢が分かってしまいますね。皆さんずーと元気で我那覇ってほしいです。

2019/07/04

スプリント

業界の第一人者と呼んでふさわしい人ばかりの人選です。 様々な声優道があり、その道の入り方も様々なのだとわかりました。

2019/10/21

tomino

しばらくアニメ雑誌とか読まなくなっていたので、とても新鮮な気持ちで読んだ。キャリアの長い声優さんの今までと芝居に対する想いが伺えて面白かった。これの前にも何人かインタビューがあるらしいので、そっちもいつかよむ(

2019/07/04

感想・レビューをもっと見る