読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

羽生善治の将棋の教科書

羽生善治の将棋の教科書

羽生善治の将棋の教科書

作家
羽生善治
出版社
河出書房新社
発売日
2012-09-25
ISBN
9784309273525
amazonで購入する

ジャンル

羽生善治の将棋の教科書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

jammadoibit

羽生さんによる本シリーズ。初級中級者向けとは言え、一周では会得きれないくらい大切な知識が詰まっています。折を見て再読。

2017/04/28

ユエ

小学生のときに弟と将棋して遊んでいたときはゲーム感覚で好きなように指していたが、いま平手で対局するとなると好きなように指すと負けるし、かといってどのようにすれば良いのか分からない。そんなときにこの本はとても役に立つと思った。終盤戦(詰将棋、必至など)→序盤戦→中盤戦と解説があり、どうしてこうするのが良いのか(悪いのか)が書いてあるので解りやすかった。すべて理解した訳ではないので繰り返し勉強しようと思う。

2017/04/22

やな

この本読んで、「矢倉囲い」という戦法を覚えたら、ネットでの勝率がちょっぴり上がった。ありがとう羽生善治先生。

2018/10/14

mott

初めて将棋の勉強を本格的にしようと思っており、基礎の基礎から教えてくれるこの本は、初心者向けでかなりためになった。

2015/03/22

櫻井貫大

かなり肉厚な内容。基本的な戦術から始まって、陣形作り、攻防、詰と段階ごとにセオリーと考え方が載ってる。これ、全部覚えてるか、その場で考えられるんだよね、プロってスゴイな。

2013/07/10

感想・レビューをもっと見る