読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

本や紅茶や薔薇の花

本や紅茶や薔薇の花

本や紅茶や薔薇の花

作家
陸奥A子
出版社
河出書房新社
発売日
2016-05-17
ISBN
9784309277240
amazonで購入する

本や紅茶や薔薇の花 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あん

図書館の新刊本コーナーでタイトルとジャケットに惹かれて借りた、陸奥A子さんのモノローグイラスト集。私が産まれた時には既に活躍されていて、小学生の頃りぼんで読んでいた漫画家さんです。まだ漫画を描かれているのかな。久し振りに極甘の少女漫画を読んでみたくなりました(*˘︶˘*).。.:*♡

2016/06/08

むぎじる

陸奥A子さんの気儘なひとり語りをそっと聴いているような気分になった。優しい雰囲気のものや、ちょっとドキっとしてしまう大人の恋や、温かい気持ちになるものや。タイトルは、「眠くなる前に必要な三ツのものたち」だそう。やわやわと美しいものと少しのトゲがうまく混ざり合った散文集。

2016/10/13

assam2005

漫画家さんだったよなぁと思いながら借りてみました。詩集と言ったらいいのでしょうか?エッセイ?確か私より年上の方だったはずなのに、最近出された本なのに、私より若い女性の幸せな日々が描かれていました。本当に「乙女チック」な方!

2016/07/26

ゆずぽん

詩集?と思っていましたが、モノローグ集でした。陸奥さんのひとりごとがこっそり聞けたみたいなそんな本。「獅子座うまれのあなたさま」「たそがれ時にみつけたの」「おしゃべりな瞳」など昔に読んだ漫画と共通する乙女な感じが懐かしかった。あ~陸奥さんの世界♪と堪能しました。あの頃の漫画、も一度読みたくなりました。

2016/08/01

かなかな

エッセイではないけれど、陸奥先生の乙女な散文がイラストと綴られています。フランス語でネクタイが女性名詞でブーケが男性名詞なんだと、ここで初めてしりました。でも、なんでだろ?

2016/12/19

感想・レビューをもっと見る