読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すべてのひとに石がひつよう

すべてのひとに石がひつよう

すべてのひとに石がひつよう

作家
バード・ベイラー
ピーター・パーナル
北山耕平
出版社
河出書房新社
発売日
2017-09-25
ISBN
9784309278872
amazonで購入する

すべてのひとに石がひつよう / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぺったらぺたら子 

そのへんの石を拾ってみる、という行為に何の意味や価値があるか。どういう基準で選べば良いのか。さて、もうそれだけで、いわば社会的に何も頼るもののない、裸の存在とならざるを得ない。スピリチュアル的には勿論色々と根拠や基準や効能があるのですが、そうなるとサプリメントと変わらない訳ですね。そうではなく敢えてそれらは鑑みずに、さあ、自分の好きな石を選んで、向かい合ってみませんか、自分の感覚だけを頼りに。(次の段階として私は、人に石をあげる、貰う、という事を提唱したい。ちょっとオノ・ヨーコ的な視点が生まれる。)

2018/10/07

なま

★★★☆☆石マニアにはたまらない1冊かもしれない。「友達の石を持って無い人はかわいそう」という表現に違和感があり、最初は石は友達を表現し「友達がいない人はかわいそう」だと言っているのか?と解釈したが、あとがきを読むと石を友達の様に持たない人がかわいそうだと地球の欠片である石を見つけて持とう!という事なのだと理解した。自分にベストな石を手に入れるためのルールが10書かれているので石探しのヒントになりそう。1974年に初版が刊行されて以来、多くの人が石(小さな地球)に眼を向けるきっかけとなったそう。9分。

2020/09/07

ファーストフラッシュ

そう、必要。でも、かわいそう、はちがうな。

2021/01/06

ちーこ

小さい頃、石を集めていた。子どもも石を集めていた。何か本能的に、石に惹かれるものがあるのかも。

2020/11/04

rachel

子どもたちに読み聞かせ。何か納得するところがあったようで、最後まで聞き入る。

2020/06/25

感想・レビューをもっと見る