読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

旅する温泉漫画 かけ湯くん

旅する温泉漫画 かけ湯くん

旅する温泉漫画 かけ湯くん

作家
松本英子
出版社
河出書房新社
発売日
2018-09-22
ISBN
9784309279749
amazonで購入する Kindle版を購入する

旅する温泉漫画 かけ湯くん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち

メジャーどころからマイナーどころまで、かけ湯くんの温泉日記。作者さんの代わりに、猫のかけ湯くんがお風呂に入ります(入るのは女湯なので、かけ湯くんの性別に「?」となりますが、女子ってことで)。いいお湯あり、いい日本酒あり、いい人情あり。行ったことのある温泉は、「そうそうこういうとこだった!」と再現度に驚き、行ったことにないところには行ってみたくなる本ですね。

2019/01/14

manamuse

この手のコミックエッセイはよくあるけど、大抵がスカスカしていて値段に見合ってないと感じるモノが多い。が、これは別格!表紙がゆるっとしててネコなのが謎だけど…1ページごとの情報量がハンパない。老眼の彼が細か過ぎて読めない!と怒っていた(笑)温泉ガイド本と言ってもいいぐらいだ。文字も絵もゆるさが好み。前に読んだ作品よりこっちの方が断然いい。保存決定♪やはり別府は行ってみたい…。次いで島根の温泉津!魅力的♡

2020/11/08

mayumi

あー温泉に行きたい、と思って手にした作品。「旅の手帖」で連載中のコミックエッセイです。かけ湯くんが訪れる全国津々浦々の温泉。日本って温泉が本当に多いんだなあ。いろいろ行ってみたくなりました。まずは近場で箱根かな…。

2019/02/03

ユズル

旅、行かないのに読む! 松本さん好きだから♥(^ω^) これすごい!某ホームセンターでないけど『お値段以上』の旅話がてんこ盛り盛り! 読みでがあった。温泉とかそれほど興味ないのに行きたくなりました😌♨🍶 

2019/02/28

ジロリン

いやぁ!楽しいわ、これ!温泉版「孤独のグルメ」とでもいうような味わい。ちょいとお高いけど、これはオールカラーじゃないとダメなマンガだから仕方ないか。これから何度も読み返してこのマンガで取り上げられた温泉に想いを馳せるんだろうなぁ♪ただの旅レポで終わらないのは、随所に差し込まれる松本英子ならではの独特の視点と感性。旅好きで温泉好き、かつ「孤独の〜」フアンで松本英子フアンの人なら読んで損はないと思う…この公約数の母集団に当てはまる人がどれだけいるか知らんけどw

2018/10/01

感想・レビューをもっと見る