読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

しきたりに込められた日本人の呪力

しきたりに込められた日本人の呪力

しきたりに込められた日本人の呪力

作家
秋山眞人
布施泰和
出版社
河出書房新社
発売日
2020-06-19
ISBN
9784309288062
amazonで購入する

しきたりに込められた日本人の呪力 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あまね

面白かったです。『スピリチュアル高めの本かな⁉️』と恐る恐る読み始めましたが、なかなか面白くて勉強になりました。易経の占いは全く分からないので難しいところもありましたが、『残っているものは意味があってこそ」という点には首肯しました。しきたりは『生きていく知恵袋』なのだなぁと思いました。

2020/09/07

luadagua

なぜ、夜に爪を切ってはいけないのか? 口笛を吹いてはいけないのか? わらべ歌にはどんな秘密が隠されているのか…なるほどそうだったのか! でも、ほんとなのかな?(笑) とも思ったり、楽しく読めました! ここからいろいろ突っ込んで調べてみるのもおもしろそう。

2020/10/26

電気石

本のカバーの色味や表紙の雰囲気から、おどろおどろしい内容なのかと思いきや、そこまでなかった。

2021/01/18

むりかもまるがお

夜に口笛吹いていけないとか、爪切りとかの、理由が。難しい漢字や記号部分は流してしまった。

2020/08/09

ツッピン

きっと違いない、、みたいな、著者の憶測が多くて萎えた。 根拠が乏しい。 読んで損した気がしてしまった

2020/12/03

感想・レビューをもっと見る