読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現代語訳 古事記 (河出文庫)

現代語訳 古事記 (河出文庫)

現代語訳 古事記 (河出文庫)

作家
福永武彦
出版社
河出書房
発売日
2003-08-05
ISBN
9784309406992
amazonで購入する Kindle版を購入する

現代語訳 古事記 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

り こ む ん

なるほど!よく分からん!興味が無いわけではないので、読むには、よめたけど…頭の中がぐるぐるになる。神なのか?人なのか?現人神なんだろう……な。神から、急に人間臭くなるし(笑)初心者には難しい…もっと、もっと読まねばならないな。

2019/01/20

ノコギリマン

こちらは初読み。やっぱりスサノオのクレイジーっぷりは最高ですなー笑

2015/12/03

ほたる

難しいが、面白い内容だった。 神様がいなければ、今の人間もいなかったのだから。

2018/05/20

蓮華

カタカナの長い名前に馴染みがなくてすごく読みにくかった。 この話の神様は野蛮だったりして私が持っていた神様のイメージと違った。 歌と神様の名前で半分くらいの頁を費やしている気がする。

2018/02/18

ココロココ

読書会の課題本でなければ、読まなかったかもしれない。自分が思っていたよりも面白かった。マンガで分かるシリーズも買ったので、そちらでも復習したい。古事記にちなんだ場所へも旅行してみたいと感じた。

2018/01/25

感想・レビューをもっと見る