読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現代語訳・徒然草 (河出文庫)

現代語訳・徒然草 (河出文庫)

現代語訳・徒然草 (河出文庫)

作家
吉田 兼好
佐藤春夫
出版社
河出書房新社
発売日
2004-04-07
ISBN
9784309407128
amazonで購入する Kindle版を購入する

現代語訳・徒然草 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ジュンコ

初めて全文読んだ。共感できることも、できないことも。でも、大事なことって、今も昔もそんなに変わらないんだな。佐藤春夫訳は読みやすくておもしろかった。原文でも読みたい。

2016/05/09

たー

あまり説教じみてなくてユーモアがあって好きだ。それにしても昔から人って変わらないものですね。

2012/03/06

ジュンコ

再読。年ごろ思ひつること果たしはべりぬ。

2017/05/05

テツ

読書会で徒然草を読むので現代語訳付きのこちらでおさらいを。久々に読んだけれどパラパラと流し読みをしているうちにいつの間にか真剣に熟読してしまう安定の面白さ。鎌倉時代に書かれた文章だけれど時代の移り変わりはあっても人の中身、人の思考、そして人の生き方の基本的な部分はそんなに変化するものじゃないんだよなと読み返す度に思います。七の段が好きだな。

2016/07/03

みじんこ

現代語で読む『徒然草』。先日この作品に関する展示を見てきたので改めて読みたくなった。今で言うキラキラネームをつまらないものだと書いたり、人はなぜ毎日朝起きて働くのかといった疑問を呈したり、月並みな感想だが現代を生きる我々に関わってくるものもあって面白い。当時の有職故実も知ることができる。そして何より兼好の無常観。常に死のことを忘れず、ふとした瞬間でも思い出す。自分は108段が好き。我らが生きる今日の一日は、死を予告された日と相違はない。これらの考え方を鎌倉の頃に既に持っていた兼好は卓越した人だったと思う。

2014/06/28

感想・レビューをもっと見る