読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

あられもない祈り (河出文庫)

あられもない祈り (河出文庫)

あられもない祈り (河出文庫)

作家
島本理生
出版社
河出書房新社
発売日
2013-07-05
ISBN
9784309412283
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あられもない祈り (河出文庫)」のおすすめレビュー

「もう二度と恋愛小説は書かない」と西加奈子を打ちのめした、究極のラブストーリーとは?

『あられもない祈り』(島本理生/河出書房新社)

『サラバ!』などの著作で知られるあの大人気作家・西加奈子氏を打ちのめし、「もう二度と、恋愛小説は書かない」「この世界にこんな凄まじい恋愛小説があるのなら、私は書けない。書く必要はない」とまで思わせた本がある。それは島本理生氏の『あられもない祈り』(河出書房新社)。

「恋愛小説」特集が組まれた「王様のブランチ」でそんな西氏の発言が紹介されるや否や、発売から年数が経っているというのに、書籍が品薄になる事態に陥った。

 島本氏の著作といえば、映画化もされた『ナラタージュ』が「究極の恋愛小説」として名高いが、その衝撃を超えるという『あられもない祈り』はどのような作品なのか。何が西加奈子氏の心を掴み、打ちのめしたというのだろうか。

 物語の語り手となるのは、幼い頃から自分のことを大切にできずにいる、20歳そこそこのOLの「私」。同僚を介して、会社経営者で20も年上の「あなた」と出会った「私」は、出会ってすぐに「あなた」から交際を申し込まれた。

「だって、まだ出会ったばかりじゃないですか」と躊躇する「私」に対し、「百回…

2019/3/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

あられもない祈り (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆいまある

タイトル買い。冒頭の一文から官能と背徳の匂いに打ちのめされる。自己肯定感の低い女が、殴る男と暮らしている。金持ちで不器用な年上の男(物語途中で既婚者となる)と恋に落ちる。奪えないから自分を責め、手首を切り、奪えないから男を詰り、傷つけ、寸暇を惜しんで貪り合う。不器用だ、未熟だと連呼しながら、恋愛中は誰だって頭の悪いことしかしないと思い出し、過去の自分の日記を読んでる気になる。もう二度と繰り返したくないけど、大人になって安全な場所からあの苦しさを再び見てみたい私の為の本。子供には早い。

2019/02/10

のり

あなたと私の関係は共依存?あまりにも軽率な行動を繰り返す。名目は恋愛小説だと言うが、歪んだ型は否めない。自分を大切に出来ない者は他者を思いやる事も出来ない。都合のいい相手との恋愛は別物だと思う。

2019/02/05

蓮子

島本さんの本、二冊目。島本さんの書く恋愛小説は胸が苦しくなるものばかり。感情が生々しく迫ってきます。「あなた」と「私」の関係は恋愛と言うよりも、何かもっと別なもので結びついてるように感じました。お互いが現実から目を背けているような、逃げているような、そんな関係。他にも登場人物はいるのに「私」と「あなた」だけの世界が濃密に浮かび上がる。二人の間に窒息しそうな程の苦しさが横たわる。優しく、甘美なものだけが恋愛ではないと教えてくれる作品。

2015/08/07

misa*

島本さん作品、これで4冊目。なんだろう、前回読んだ「RED」と少し近いように感じた。というのも、また主人公に馴染めずそのまま読み終えた感が強い。文章などは綺麗だし表現も美しいけれど、弱さの部分があまりにも露骨で理解し難いことが多かった。とりあえずこの辺で島本さん作品は休憩します。

2016/05/27

えりこんぐ🐤

主人公は「わたし」。愛した人は「あなた」。最後までメイン2人の名前が出てこない。そのせいか、終始儚げで寂しさがまとわりつく。島本さんじゃなきゃ、読めなかったかもしれない。【積読】

2019/11/28

感想・レビューをもっと見る