読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

語りあかそう (河出文庫)

語りあかそう (河出文庫)

語りあかそう (河出文庫)

作家
ナンシー関
出版社
河出書房新社
発売日
2014-05-08
ISBN
9784309412924
amazonで購入する

語りあかそう (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もりくに

対談集が好きで、しかも「ナンシー関」、大いに期待して読んだが、いまいちだった。勿論、並みの対談集よりは十分に面白いのだが、彼女には当然高いレベルを求めるから。読んでみて改めて、ナンシー関の芸能人評が「批評」のレベルに達していることを、痛感した。それに彼女は、たぶん「内気」でオフィシャルな「対話」は苦手なのではと思った。青森から出てきて、ビートたけしの喋りで文書磨いた、と。家にいることが多いので、「通販」のあれこれは面白かった。シークレットブーツ買ったという東海林さだおに、「買った人に会うの、初めて」。→

2020/05/18

したっぱ店員

対談集なので少し物足りないし、出てくる話が古いのは仕方ない。でも、新刊と言われたらいまだに買わずにはいられない大好きなコラムニスト。もっともっと読みたかった。読ませてくれると思ってた。残念で仕方ない。

2014/06/05

Shimaneko

さすがにネタ的には今さら感満載の対談集ながら、ファンとしては、まとめて読めて嬉しい。ネット時代前夜の最後の徒花とゆーか、今だったら、こーゆー特異な才能が見いだされても、あっちゅーまに消費されちゃうんだろうなとか思ってみたり。合掌。

2015/01/06

Emi

90年代人気だったナンシーさん、その当時はあまり知らなかったけど私のイメージではマツコ・デラックス的な感じです。対談集で25年前なので取り上げられてる人たちも懐かしい。今は全員が声を簡単に発信できるから絶対炎上するようなことがいっぱい書かれてて楽しかったです。つくづくネットができてからの世の中の変わりようを思いました。

2021/10/23

すももんが

自分は以前、ナンシー関のコラムを読むために掲載誌を毎号買っていた。忖度なしの本質を突いた批評は、とても貴重であったと今でも思う。彼女の批評が二度と読めないのだと、彼女が亡くなった直後は喪失感に襲われた。ナンシーの年齢を越えてしまった今でも、彼女が大好きだ。ナンシー関、本当にありがとう!

2019/01/19

感想・レビューをもっと見る