読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きょうのできごと、十年後 (河出文庫)

きょうのできごと、十年後 (河出文庫)

きょうのできごと、十年後 (河出文庫)

作家
柴崎友香
出版社
河出書房新社
発売日
2018-08-04
ISBN
9784309416311
amazonで購入する Kindle版を購入する

きょうのできごと、十年後 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiro

四年前に単行本でこの作品を読んだが、『きょうのできごと』の増補新版と合わせて再読した。十年前、京都の大学院に進む正道の進学と引っ越し祝いに集まったけいと、真紀、中沢、かわち。あれから十年、今度は中沢の京都の店のパーティーに集まった彼らを描いた、この『十年後』。前回読んで覚えていたのは、中沢のベンツのことと、社会人になった彼らが、あまり会わなくなっていたということだった。再読して改めて、卒業し社会人になり、住むところも違い、そして十年も経つと、以前の関係と違って当然かもしれないが、なにか寂しく感じた。

2019/05/11

ぶんこ

読む気がなかったのに、何となく読み始めたら最後まで読んでしまいました。大学院生と彼女たちの引越し祝いから10年後。院に残ったのは正道君だけで、中沢君が開いたお店のパーティーに集まった面々。皆社会人となって少しは落ち着いたのかと思ったら、まだまだ酔っ払うとハッチャケています。こうして発散できるのがいいのかなとも思ったりして、10年前の物語よりは読みやすかったです。あれだけ共感できなかった本を書いた柴崎さんなのに、今回はすんなり読み進めたという事で、改めて作家さんの才能はすごいものだと感嘆しました。

2018/07/22

ちぇけら

すぎてしまった時間はかえってこない。ながく生きると、そのぶんたくさんの時間を失う。おとなになったのはいつからだろう。景色とか、音とか、いろいろなものが薄い膜に包まれて、心から楽しいと思えなくなっている。週末が終わると戻らなくてはならない〈社会〉が、ぼくをおとなに引きずりこむ。「さびしいね。そんなに簡単に、夢中になられへんね。もう」あのころのようでいて、あのころではない今を生き、その今もいつかの過去に溶けてゆくのだ。泣いてもいいかな。誰にでもなく呟いて、そういえば人前で最後に泣いたのはいつだろうと、思った。

2020/02/08

kaoriction

十年前、十年後。変わらず人生は続いている。『きょうのできごと』の十年後。あの頃描いていた自分とは全然違う場所に生きていたり、違う仕事をしていたり。思うようにはいかない。すれ違うばかりの想い。みんなそれぞれの日常をそれぞれに過ごして十年。いろんなことがあって。これまでの十年もこれからの十年も。誰かの毎日と自分の毎日と。知らないうちにつながっていたり、誰かと誰かが知らないうちに始まって終わっていたり。「いろんなところで、いろんなことが起きてるんやな」。ありふれた日常がなぜか輝いてる。Life goes on…

2019/01/28

niisun

『きょうのできごと』を読んだのも、映画で観たのも15年前で、ちょうど、十年後の彼らと同じ30歳前半。社会に出る頃のことを懐かしく思い出しながら味わった記憶が甦ります。行定監督の映画が印象に残っていたため、頭のなかでは、真紀は田中麗奈、けいとは伊藤歩、中沢は妻夫木聡、そして、この十年後では一瞬しか出てきませんが、ちよは池脇千鶴が動き、話していました。詳細は曖昧でも作品の雰囲気はかなり覚えているものですね。そして今回もまた、自分が30歳前半の頃の会社が倒産したり、離婚したりを懐かしく思い出しながら読みました。

2018/10/23

感想・レビューをもっと見る