読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シャッフル航法 (河出文庫)

シャッフル航法 (河出文庫)

シャッフル航法 (河出文庫)

作家
円城塔
出版社
河出書房新社
発売日
2018-09-05
ISBN
9784309416359
amazonで購入する Kindle版を購入する

シャッフル航法 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マリリン

文字が風景をつくる。円城作品の面白さは作中にあったこの言葉だと感じた。嫋嫋や犀やリス等動物が沢山登場する短編集だが、面白かったのは『犀が通る』『リスを実装する』『Beavar Weaver』『イグノラムス・イグノラビムス』『Φ』等。特に『リスを実践する』の中の、野実実の仕事の変遷などの話は、近未来の風景を見た感がある。「かっての食卓には…」で始まる場面も。表題作は3番目だが、ここに置いた事と表題の意味を考える。風景として見ると、他の見方も見えてきたり。変転していく著者の歴史の一部を見たような気がした。

2019/07/31

Y2K☮

いずれAIが小説を書き、人間が3Dプリンタで製造される日が来るのだろう。母親の胎内に留まったまま成熟し、何もかも依存しながら他の女を連れ込んで浮名を流す男が現れるのだろう。いつしか自動化が当たり前になり、人が車を運転すれば野蛮と見なされ、人の手でしか生み出せなかった高度な職人芸さえもマニュアル化されて広く伝達されるのだろう。プログラムが人格を持って自律し、AIが夢に焦がれて眠りを求める。そんな未来も朧に視えてくる。森博嗣と似て非なる円城塔。或いは格闘技のベースを持つプロレスラーとプロ格闘家の違いだろうか。

2018/11/28

naotan

表題作が脳内でエンドレス再生してやばい。支離滅裂に。

2019/02/05

ふぃすか

私にはよくわからない。こういうのをリリカルというのだろーか(謎) 今まで読んできたあれこれが頭をよぎっていく本だけど、ただ雰囲気で連想してるだけだと思われる。表題作が詩だということに初出一覧でやっとこ気付く体たらく。覚えてるわけでもないのに頭の中をフレーズの一部と文章リズムがリフレイン。シャッフル航法、ガンガンガンガン。カバー裏や帯の梗概や惹句を見ても、読む人が読めばそうなのかーという感じで全然ピンと来ない私。読むのがつらいというわけではないのだけど、感想を述べよと言われると何も出てこないんだなーこれが。

2021/05/26

塩崎ツトム

円城塔の言葉は美しい。うつくしい言葉の外骨格を、読者の方もまとっているかのような気分になる。文章と分節との間にある隙間から、人格が、艶やかな記憶が沸き上がる。これがパラフィクションだい。

2018/09/20

感想・レビューをもっと見る