読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

NOVA 2019年春号 (河出文庫 お 20-13)

NOVA 2019年春号 (河出文庫 お 20-13)

NOVA 2019年春号 (河出文庫 お 20-13)

作家
大森望
出版社
河出書房新社
発売日
2018-12-05
ISBN
9784309416519
amazonで購入する

NOVA 2019年春号 (河出文庫 お 20-13) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

秀逸な作品揃いのSF短編集、面白かった。強力な布陣と書下ろしという垂涎もの、どれも現実と空想を繋ぎ合わせた物語の着想に面白味を感じた。小川さん、語り継がれた物語にゲノム解析の発想が面白い。佐藤さん、背徳的な万能感にゾクゾク。柞刈さん、またも題名にやられた。赤野さん、月からの対戦者、格ゲー遅延は確かに許せない。小林さん、何とメルヘン殺しもの。メタ尽くしが堪らない。新井さんと宮部さんは今の社会課題に著者テイストで切り込むのが印象的。一方の男性陣は自分が好きなものを書いてる感じの対比が興味深い。次回も楽しみ。

2018/12/09

日向とわ

やっと読み終わった!つまらない訳ではなくて、絵ばかり描いてたり、娘の結婚式があったりでした。そんなときいっこつの神様が救ってくれそうです。全体的に面白い!ゲームのは自分と相性が合わない。お行儀ねこちゃん、思い切りブラック。ジェリーウォーカー、好き。母の法律、流下の日 完成度高い。この世界設定で色々な話を書けそう。大満足な一冊でした。

2019/04/24

かわうそ

初読の著者が約半分。若手からベテランまでどれも非常に面白く、最新の日本SFをもっと読まねばと強く思わせてくれる充実の内容。特にお気に入りは飛浩隆「流下の日」、柞刈湯葉「まず牛を球とします。」、赤野工作「お前のこったからどうせそんなこったろうと思ったよ」

2018/12/15

かとめくん

今現在に対する作家の皆さんの危機意識のようなものが手を変え品を変えあらわれているように感じてしょうがない。時にオブラートに包み、時にストレートに、(S Fの体裁をとってはいるが)この世界の今が内包する危うさに警鐘を鳴らそうとしているのではと感じた。

2019/02/27

そふぃあ

柞刈湯葉「まず牛を球とします。」いちばん好みだった。「キャット・ポイント」と「流下の日」はアイデアが面白かった。全体的に軽く読める。

2019/01/21

感想・レビューをもっと見る