読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死者の輪舞 (河出文庫)

死者の輪舞 (河出文庫)

死者の輪舞 (河出文庫)

作家
泡坂妻夫
出版社
河出書房新社
発売日
2019-02-06
ISBN
9784309416656
amazonで購入する

死者の輪舞 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

競馬場で起きた殺人、その手口から犯人の逮捕は時間の問題と思われたが、その容疑者もまた…。と次から次へと巻き起こる連続殺人はまさに輪舞。クリスティの某作品を思い起こしたけど、本作品は「容疑者が次から次へと殺される」(公式の粗筋でネタバレに非ず)という各事件ごと繋がりがあり、それでもその背後関係が見えないという部分が非常に面白い。特にある一言とある不自然さから真相に迫る部分は思わず膝を打ちました。ラストも秀逸。あとこの著者の他の例に漏れず、探偵役がきわめて個性的でその点でも楽しめた。フロスト警部思い出すなあ。

2019/02/20

hnzwd

若干時代は感じるものの、複数人による連環殺人というのは魅力。解決が想像できちゃうのは、最近の本格が狙い過ぎだからでしょうね。。とはいえ、お手本のような伏線は凄い。流石としか言いようがありませんでした。

2019/08/20

geshi

殺人が起こり犯人があっさり分かっても、その犯人が殺されてしまうリレー殺人事件がテンポよく展開してそのリズムに乗せられる。偶然の事故や鎖の欠けなどひねりを加えた先の見えないストーリーテリングが流石のうまさ。下品で怠け者なのにキレる海方の強烈なキャラクターもさることながら、それを白い目で見ながら感化されて徐々に怠け癖がついていく小湊も面白い。笑いが押しつけがましくないのが泡坂さん作品だよなぁ。派手な見せ場の裏側で確かに伏線を張っていることに気付かせないマジックのような手際が光る。

2019/03/11

タカギ

泡坂先生のミステリは、ユーモアを含んだものが多く、それは多くは登場人物に拠っていると思う。亜愛一郎とかヨギガンジーとか。こちらの作品もその類で、私は凄くアクが強くて誰の懐にも入ってしまう海方刑事が好きになりました。言葉遣いも面白い。あっ。「しめこのウサギ」って当時はよく使われていたんですよね。小泉喜美子先生の本でも見かけるし。内容は、『死者の輪舞』が示す通りのリレー殺人。犯人のトリックは実はちょっとわかったけれど、最後に発動した罠には「おお」と思った。

2019/05/29

coco夏ko10角

シリーズ第1弾。内容紹介に「殺人リレー」とあるとおり容疑者がどんどんと。警察はどう迫っていくのか、リレーはどう終わるのかと最後まで楽しんで読めた。タイトルもうまい。

2020/04/02

感想・レビューをもっと見る