読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本怪談集 奇妙な場所 (河出文庫)

日本怪談集 奇妙な場所 (河出文庫)

日本怪談集 奇妙な場所 (河出文庫)

作家
種村季弘
出版社
河出書房新社
発売日
2019-11-02
ISBN
9784309416748
amazonで購入する

日本怪談集 奇妙な場所 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

名アンソロジーの復刊。上巻には家や坂等の場所に関する作品中心にまとめられている。鴎外、鏡花といった大家から刊行時の新人まで、幽霊屋敷からメタな作品まで、収められている範囲は幅広い。アンソロジーだけあり何度も読み返した作品も多め。筒井や百鬼園先生、足穂に八雲等は何度読み返してもその薄気味悪さやノスタルジアに絡み取られるような心地がするし、初めて読む作品「鯉の巴」はお約束とエロティシズムに「わたしの赤マント」は都市伝説という題材と構成に舌を巻く。怪談は文芸の至極であるという事を思い出させてくれる一冊であった。

2019/08/09

河童って怪談…?

2019/03/30

感想・レビューをもっと見る