読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

脳人間の告白 (河出文庫)

脳人間の告白 (河出文庫)

脳人間の告白 (河出文庫)

作家
高嶋哲夫
出版社
河出書房新社
発売日
2019-04-08
ISBN
9784309416762
amazonで購入する Kindle版を購入する

脳人間の告白 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hrmt

主人公は生かされている脳だ。考えると恐ろしいが人体各部の移植医療が進む中、口にこそ出さずとも脳の移植をその一つとして考える研究者もいるだろう。善悪が紙一重の最先端医療に、文字通り自身の脳を捧げることになってしまった研究者。肉体もなく脳細胞の活動だけで果たして生きているといえるのか?意思疎通もできず闇の中で意識だけが蠢く。感じるのは希望なのか絶望なのか。“生きている”とはどういうことだ?人としての意識が脳にあることは、魂が脳細胞にあることと同義か?もしかしたら将来生命倫理すら変容したものになるかもしれない。

2019/06/07

りちゃ

自身が作った装置で生きながらえる、脳だけとなってしまった医師の本郷。聴覚などありえないはずなのだが、外での会話が聞こえてくる。移植されるのか?驚くべき展開を期待していたのだが…。結局、本郷が自らを省みる…タイトル通りだった。

2019/12/15

hiyu

皮肉にも脳研究の最前線を走る医師に起こった状況。この状況設定もあり、登場人物は少なめ。発信しようにも、意思を伝えようとしても一方通行。本人に生じた、苦悩は誰にも伝わらない。ただ、周囲の者は悩み、葛藤する。何も発信していない本人に対して。主人公以外の苦悩をさらに掘り下げると、また、違った印象にはなるだろうか。

2019/09/07

Eddie

この物語の意識だけがある脳のように病で同じような事になる可能性もあるのではと思うと、意識のみの環境というのはあまりにも恐ろしい。自分に対する人の思わぬ評価も知りたくないです。 話の盛り上がりに期待したが、淡々とした展開で終わってしまった。

2020/09/17

カイワレ大根

あっ、という間に読める。そんな感じ。

2019/05/19

感想・レビューをもっと見る