読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

完全版 自由論: 現在性の系譜学 (河出文庫)

完全版 自由論: 現在性の系譜学 (河出文庫)

完全版 自由論: 現在性の系譜学 (河出文庫)

作家
酒井隆史
出版社
河出書房新社
発売日
2019-08-03
ISBN
9784309417042
amazonで購入する

完全版 自由論: 現在性の系譜学 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

絵比 乃魅須

18年前の著作とは思えない。まさに今のことが語られている。それがこのネオリベ体制からの脱却の困難さを示しているのだが…文庫化で加わった文章も興味深い。

2019/11/02

₭€₦ ㉿θЇ¢ħɨ฿ᾶr₳

ネオリベ分析・批判の嚆矢であり、セキュリティの上昇、抑圧から排除へ、世界の捏造化、といった問題設定は今でも全く古びないどころか、当時(2000年頃)よりも今の方がよりダイレクトにリアルに感じられる。いかに統治されないか、という文脈における「批判とは自発的不服従の術であり、反省された不従順であるのです。」というフーコーの言葉が益々重要性を帯びてきている気が。

2020/07/23

感想・レビューをもっと見る