読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かわいい夫 (河出文庫)

かわいい夫 (河出文庫)

かわいい夫 (河出文庫)

作家
山崎ナオコーラ
出版社
河出書房新社
発売日
2020-02-06
ISBN
9784309417301
amazonで購入する Kindle版を購入する

かわいい夫 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

フユコ

ゆっくりゆっくり読んだ。すごく楽しかった。私も自分の葬式はしたくないなぁと思っているので、それでも全然いいって、そう思う人もいていいんだって肯定された感じがして楽になりました。

2020/08/03

Inzaghico

二人暮らしで(途中からは三人暮らしになる)日々の生活の小さな楽しみ、喜びを二人で分かち合う様子は、ほほえましく、こういうささやかだけど大切なことがわかっている夫婦に、温かな気持ちになる。ほころび始めた花を見ては、梅かな、桜かな、と言い合い(もうすぐ素敵な季節になるね、という含意があるので、花はどちらでもいい)、お弁当をつくって近所の公園でピクニックをしたり(このとき、互いがもってきた本のチョイスがどうよ、と言い合うのが傍から見ていておかしい、だってどっちもどっちなんだもの 笑)。

2020/02/22

しばこ

ナオコーラさんのエッセイ読むのは2冊目。 フラットで、意見をきちんと持っていることがよく伺える。自分と共通する考えも、なるほどなと思える部分も、それはどうかなと思うところももちろんあって、一つ一つが短く読みやすいとあって、楽しくよみおえました。

2020/03/20

ひいろ

★★★

2020/05/11

葉鳥

エッセイがおすすめと聞き、初の山崎ナオコーラさん。『かわいい夫』というタイトルからほのぼの家族エッセイを想像していたが、少し違った。自分の考え方がはっきりとしていて、自分たち夫婦と周りや一般的な家庭を比較しないところに好感が持てた。自分たちが納得して満たされている生活に周りが固定観念を押し付けてくるのが、本当になんだかなあ。歌舞伎のイヤホンガイドの話が好きだな。旦那さんの「立派な芸だよね」という一言に人柄の良さを最も感じた。

2020/02/24

感想・レビューをもっと見る