読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いつも夢をみていた: よく食べよく歌いよく生きた巴里東京ぐらし (河出文庫)

いつも夢をみていた: よく食べよく歌いよく生きた巴里東京ぐらし (河出文庫)

いつも夢をみていた: よく食べよく歌いよく生きた巴里東京ぐらし (河出文庫)

作家
石井好子
出版社
河出書房新社
発売日
2020-08-05
ISBN
9784309417646
amazonで購入する Kindle版を購入する

いつも夢をみていた: よく食べよく歌いよく生きた巴里東京ぐらし (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あんこ

恥ずかしながら一度読んだエッセイの印象が強く、「オムレツの人」と覚えていた石井さん。カワカミさんの解説があったので手に取りました。明け透けなく、愉快な人だったんだろう。文章のところどころに勝気なところも垣間見えました。生まれは去ることながら、交友関係も驚く程に豊かで華やか。嫉妬の対象となりかねない人生録ですが、このエッセイには一人の人間としてがむしゃらに生きていた、という力強さと明るさだけではないほの暗さも描かれていました。

2020/08/26

ほほほ

シャンソン歌手石井好子さんの自叙伝。ご本人が書かれたものではなく、インタビューによって聞き書きされたもの。石井さんの文章はいつもとても読みやすく引き込まれるのですが、聞き書きの語り口調でもそれは同じで、あっという間に読み終えました。華やかで強く明るく朗らかなお嬢様というイメージでしたが、2010年に亡くなられた後に刊行された「女ひとりの巴里ぐらし」やその他のエッセイを読んで初めて石井さんの暗い部分を知り始め、そしてその中でもこの本は一番胸がつまるお話が多かったです。知れば知るほど石井さんを好きになります。

2021/04/18

Inzaghico

自著だと華やかな部分が前面に出ていたが、聞き書きだと離婚や再婚時の葛藤、事務所運営の苦労などがはっきりと語られていて、別の面が見えてくる。初婚のときの苦労話は目を覆いたくなる。知り合いのコメディアンに「佐藤愛子とお前ほど哀れなやつはいない」と言われたエピソードが出てくるが、佐藤愛子も石井好子も女傑、という言葉が似合う。佐藤愛子はしゃかりきになって働いて夫の借金を返したし。

2020/12/05

あーちゃん

聞き書きの自叙伝ということで、直接石井好子さんに話しかけられているような本だ。生きた時代も環境も過ごした場所も違うから、エッセイなのに小説のようでもあり、とても遠くに連れて行ってもらった気分になった。誰の人生も必死でままならない部分があるものだなあ。

2020/11/30

感想・レビューをもっと見る