読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

婆沙羅/室町少年倶楽部: 山田風太郎傑作選 室町篇 (河出文庫)

婆沙羅/室町少年倶楽部: 山田風太郎傑作選 室町篇 (河出文庫)

婆沙羅/室町少年倶楽部: 山田風太郎傑作選 室町篇 (河出文庫)

作家
山田風太郎
出版社
河出書房新社
発売日
2020-10-03
ISBN
9784309417707
amazonで購入する

婆沙羅/室町少年倶楽部: 山田風太郎傑作選 室町篇 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

geshi

『婆沙羅』南北朝時代の敵味方が混沌としている中、強烈な歴史上の人物たちの中で掴み所なく奔放に生き残る佐々木道誉の魔人っぷりを楽しんで描いているのが伝わる。『室町の大予言』籤引き将軍と揶揄される足利義教のイメージ反転させて恐怖の将軍とするキャラクター造形のうまさ。戦国時代との鏡合わせを匂わせる時代を超えた強みが山風。『室町少年倶楽部』少年時代の足利義政と赤松満祐の関係が尊いだけに、後に権力と女に振り回され変わらざるを得なくなっていくのが切ない。正気と狂気が簡単にひっくり返る戦国の世の幕開けで締める構成の妙。

2021/02/11

サケ太

最高の物語。かつてと違い虚と実を見分けられるも吸引力は抜群。人間界の魔棺を開けて出てきた魔人ども。その中を、大胆に刀の刃渡りを行うかのように生き抜く、佐々木道誉。奔放に生きる彼の哲学とそれ故に逝き様を描く『婆沙羅』。籤引きという前例の無い儀式から生まれた将軍足利義教。彼の運命を決めた予言書と後世の奇妙な一致を描く『室町の大予言』。幼くして将軍となった足利義政。彼を取り巻く幼い頃の人物たち。純真だった彼らが環境や時勢の変化によって徐々に変貌していく姿を文体まで変えて描く『室町少年倶楽部』。どれも破格の面白さ

2020/10/24

aisu

全く予備知識無く読み始めたが、面白かった。佐々木道誉の一代記「婆沙羅」では鎌倉末期から室町幕府~三代目義満まで、「室町の大予言」くじで選ばれた第六代将軍義教(部下に殺害される)、「室町少年倶楽部」第八代将軍義政、ゆうきまさみのマンガ「新九郎奔る」の時代で、新九郎などマンガでおなじみの人たちが出てきた。応仁の乱の幕開けで終わる。この頃の歴史は良く知らない&ややこしい、が、文で読んでるだけでも情景が目に浮かぶようで、またマンガと関係ない時代&人も「キャラが立ってて」わかりやすく、興味深く読めました。

2020/12/10

河内 タッキー

読めずにいた「室町少年倶楽部」を読むことができた。ただ作者の未読作品だから、という理由だったのだが、読んでみれば内容は意味深く、面白い。足利義政の時代の話。作者は「人がいかに変わるものか」をテーマにしたとのこと。周囲の人物がその時の利益のために簡単に変心する。読んでいて怖いくらいだ。そんな中、義政がむしろ一番マトモだった。最後の場面はしんみりする。再読した「婆沙羅」も面白かったが、本作もよかった。室町時代というのはどうもとっつきにくい。それは人間関係と、人心の複雑さが現代人に理解しがたいからなのだろう。

2020/10/29

mahiro

南北朝の動乱の波を乗り切り、足利三代に仕えた佐々木道誉の婆娑羅な生涯と、プレ本能寺?とも思える嘉吉の乱、花の館で仲よく蹴鞠をしていた三春丸(義政)富子姫、義尋の3人の童子が成長して引き起こす応仁の乱など室町幕府の話が3編、風太郎流ダイナミックに奇想天外お約束の妖しいエロスも含めて描かれている。まともな人が一人もいない面白さ、いっそカラッとした読後感だった。

2020/10/13

感想・レビューをもっと見る