読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魚の水(ニョクマム)はおいしい: 食と酒エッセイ傑作選 (河出文庫)

魚の水(ニョクマム)はおいしい: 食と酒エッセイ傑作選 (河出文庫)

魚の水(ニョクマム)はおいしい: 食と酒エッセイ傑作選 (河出文庫)

作家
開高健
出版社
河出書房新社
発売日
2020-10-06
ISBN
9784309417721
amazonで購入する Kindle版を購入する

魚の水(ニョクマム)はおいしい: 食と酒エッセイ傑作選 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

DEE

食と酒のエッセイだけを集めた、まさに傑作選。既読のものも少なくないけど、読み返すたびに新たな発見があるので飽きることはない。

2021/05/08

じーーーな

切り口に唐辛子を擦りつけたパイナップルの香りが象徴するヴェトナムの描写、本当に美味しそうでどこか出掛けたくなる。 アルコールを手放しで歓迎する姿勢は多分誰にでも受け入れられるものとして書かれているのだろうけれど、お酒飲めない身としては「今いったい何を読まされているんだ……?」という感じになる。 しかしこう、たまに台詞の形を取ってる文を見ると、ああこういうのが年配の方のああいう文面に繋がるのかしらと……。こういう台詞回しが洒落ていると思われていた時代があったのかな。

2021/01/15

niz001

自分の嫌いなもの・理解できないものをまろやかに貶すのとドヤ顔が想起される気取った感じが合わず途中から流し読み。

2020/10/08

平坂裕子

お酒と食を深く味わい、そして自然を何より崇拝している、力強い文章に圧倒されながらも、本当に美味しいものは、すごくシンプルなものだとあらためて考えらせられた。

2021/04/25

をとめ

電子

2021/03/08

感想・レビューをもっと見る