読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆるく考える (河出文庫)

ゆるく考える (河出文庫)

ゆるく考える (河出文庫)

作家
東浩紀
出版社
河出書房新社
発売日
2021-05-01
ISBN
9784309418117
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゆるく考える (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケー

東さんの10年間のエッセイをまとめたもの。一つ一つのエッセイがさすが東さんというべき鋭さ。個人的に気に入っているのはルソー論、そしてTwitter論。前者は今まであまりいい印象のなかったルソーに対する見方が変わり、後者は役12年前、Twitter黎明期の批評がクリティカル。でも当時ほどTwitterは明るいメディアじゃなくなったよね、、、

2021/05/15

takakomama

著者初読み。批評家、作家。2008年~2018年までのエッセイ。日常の出来事も掘り下げて、哲学的に考えてしまうのでしょうか。私にはタイトルに偽りありの全然ゆるくないエッセイでした。何でこの本を読もうと思ったのか思いだせない・・・

2022/01/12

gowalk

批評とは意味があるとみせかける幻想を提供すること

2022/03/22

yuki

著者の本は初めて読んだ。思想とか批評については良くわからないので、本書も正直には「良く分からなかった」。余裕が出てきたら、他の本も読んで、この手の本も分かるようになりたい。

2021/07/03

okhiroyuki

失敗以前とされるころのエッセイ。ゲンロン戦記から入った自分は、やはり2018年付近の内容がとてもおもしろく感じる。

2021/05/22

感想・レビューをもっと見る