読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

忍者月影抄: 山田風太郎傑作選 忍法篇 (河出文庫)

忍者月影抄: 山田風太郎傑作選 忍法篇 (河出文庫)

忍者月影抄: 山田風太郎傑作選 忍法篇 (河出文庫)

作家
山田風太郎
出版社
河出書房新社
発売日
2021-06-05
ISBN
9784309418223
amazonで購入する

忍者月影抄: 山田風太郎傑作選 忍法篇 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

『甲賀忍法帖』に続いて手に取った山風忍法帖二冊目。たまたま近所のBOOK・OFFにあったから、というだけの理由でコレになった。伊賀忍者/江戸柳生vs甲賀忍者/尾張柳生って、単純に人数多すぎないか?と心配していたら、案の定、柳生剣士はモブに近い扱いだった。『外道忍法帖』を読みたいと思っていたけれども、同じ理屈で盛り込み過ぎになっていそうで、心配。争いの発端がしょうもなさすぎるのに、戦いの方は凄まじいというアンバランスさが、戯画的というか、突拍子もない忍術と相まって、独特の個性になっている。

2022/08/09

geshi

恒例のエログロ忍者バトルに剣戟バトルを加えたセッティングは面白いし、忍法のアイデアもぶっ飛んでいて炎VS氷や夢VS鏡といった異能バトルらしい対戦組み合わせも楽しい。一方で柳生の剣士たちがやられ役に回っているのがもったいないし、元愛妾の事情も書かないといけないから話が窮屈になってしまっている印象。キャラ立ちが全くなく「そういう忍法を使う奴」でしかないからインパクト弱い。安全圏にいる権力者に忍者からの一矢を報いたオチのつけ方は山風らしいビターテイスト。

2022/07/01

サケ太

こういうのは逆に好きだ。八代目将軍徳川吉宗に対して、尾張藩徳川宗春の嫌がらせに端を発する忍術合戦。伊賀と甲賀、江戸柳生と尾張柳生。それらが命を懸けての勝負に挑む。異様な忍術の数々。命を奪い、奪われる勝負。死屍累々のその果てに。終幕はややあっさりに感じたが、ここまで極上な決戦の数々はなかなかお目にかかれない。

2021/06/19

有理数

もはや面白くないわけがない風太郎忍法帖。徳川吉宗の若き頃の放蕩を巡り、甲賀忍者・尾張柳生剣士VS伊賀忍者・江戸柳生剣士というチームバトルが繰り広げられる。ぶっ飛んだ忍法が出ること出ること。人数が多いので、ときどきどちらの陣営か分かり辛い部分もあり、また個人的に忍法バトルの面白さは『甲賀忍法帖』には届かないのだが、忍法そのものがいかに恐ろしいかを物語るエピソードの数々は興奮の連続。触れただけで人格を入れ替える忍法「蠟涙鬼」や夢に入り込む忍法「夢若衆」なんて最強にも程がある。今回も面白かった。

2021/09/15

やま

徳川8代将軍吉宗と尾張藩主宗春との確執。伊賀忍者+江戸柳生vs甲賀忍者+尾張柳生の戦い。吉宗の愛妾7人を巡り、忍法と剣法が入り乱れ緊迫感のあるバトルが面白かったです。権力者の暇潰しに巻き込まれる愛妾と周辺人物が気の毒に思いました。

2022/06/25

感想・レビューをもっと見る