読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生きてしまった 太宰治×ミステリ (河出文庫)

生きてしまった 太宰治×ミステリ (河出文庫)

生きてしまった 太宰治×ミステリ (河出文庫)

作家
太宰治
出版社
河出書房新社
発売日
2022-05-03
ISBN
9784309418902
amazonで購入する

生きてしまった 太宰治×ミステリ (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

オールド・ボリシェビク

「ミステリ」という括りで、太宰治の短編をまとめたアンソロジー。1933年発表の「魚服記」から死の2カ月前、1948年4月発表の「女類」まで15篇が収められているが、何より私は太宰の文章の端正さに感心するのだよな。そしてプロット展開の軽やかさ。決して「ミステリ」ではないのだけど、「ミステリ」のようにも読める。そういう作家の巧さを満喫するには最適の一冊でした。

2022/05/26

感想・レビューをもっと見る