読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ルドルフ・シュタイナー―その人物とヴィジョン (河出文庫)

ルドルフ・シュタイナー―その人物とヴィジョン (河出文庫)

ルドルフ・シュタイナー―その人物とヴィジョン (河出文庫)

作家
コリン・ウィルソン
Colin Wilson
中村保男
中村 正明
出版社
河出書房新社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784309461298
amazonで購入する

ルドルフ・シュタイナー―その人物とヴィジョン (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nakamura masaru

シュタイナーという人を知りたくて、図書館から借りてきた。 なんか得体の知れない人。なぜこの人の名を冠した教育方法がそこそこ確率しているのか、いまいちわからん。 著者の思考によるものか、彼はヨーロッパの教養人の一員として、位置をしっかり持った人のようだ。

2018/11/10

タケヒロ

外面世界よりも内面世界こそ、いきいきとした現実であることを主張している。「人間はすでに自由であり幸福なのだが、誤解が妨げになって人間はそのことをまだ知らずいる。」といった言葉が印象的。

2014/12/21

iwri

ウィルソンが強調しているように、シュタイナーを学ぶ人にとって、彼の初期の哲学的業績の重要性は強調してもしすぎることはない。この点でウィルソンはまったく正しい。しかし、その他の点は置くにしても、ウィルソンは『自由の哲学』に代表される初期思想を理解していないように思われる。生きた思考/死んだ思考の差異を理解していないために、彼の見解を敷衍すると独我論に陥らざるをえないと思う。ウィルソンはシュタイナーがなぜ思考を強調するかを理解できておらず、実存主義的自己啓発とでも言うべき理解の仕方をしているように見えた。

2011/09/02

のりのりのり

シュタイナーの著書は難解で面白くない。しかし、シュタイナーにはやはり興味がある、いつかは、、シュタイナーを勉強したい。 なんて思っている人には絶好の入門書ではないだろうか。 膨大な著書の中からコリンウィルソンの視点から重要だと思える物について解説もされている。 シュタイナー自身の本は難解で読みにくいが、本書は読みやすい。

2020/04/27

ぼーくー

☆☆☆

2014/06/06

感想・レビューをもっと見る