読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

差異と反復〈下〉 (河出文庫)

差異と反復〈下〉 (河出文庫)

差異と反復〈下〉 (河出文庫)

作家
ジル・ドゥルーズ
Gilles Deleuze
財津 理
出版社
河出書房新社
発売日
2007-10-01
ISBN
9784309462974
amazonで購入する Kindle版を購入する

差異と反復〈下〉 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

A_kiriko

著者ドゥルーズのひそみに倣って戦略的誤読をしてみると、「差異と反復」の真のテーマは、ジョジョの奇妙な冒険第6部ストーンオーシャンのラスボスであるエンリコ・プッチのスタンド能力「メイド・イン・ヘヴン」の完成形に最高にはまっていくように思う。「天国への階段」(天国へといたる道程)は、再創造というより反創世に近い。欺瞞の帝国である社会、暴力そのものである世界に対して書くことで挑んでいるドゥルーズは、神を狙撃するために神のシナリオを脱構築して、暴露でも告発でもなく、真の再創造による反創世を鮮やかに仕掛けてみせる。

2019/11/22

wadaya

我々が通常「差異」という場合、表象=再現前化された同一性=錯覚としての差異である。差異とは何か考える前に「反復」について考える。ドゥルーズによれば反復は三度折り畳まれる。一度目はその瞬間に、二度目は過去の物として、三度目は未来への永遠回帰として。そして三度目の反復と初めの二つとの間に境界線があり、それが差異だと言っている。つまり差異は反復と共にしか存在しない。では最初に反復されるものは何か?それは恐らく(理念=イデア)のことを指している。しかしこの場合のイデアとは形而上学的なものを指していない。(続く)

2018/01/06

記憶喪失した男

イデアの内部に差異があるとしている。そこまでイデア論なのか。ディオニソスや永劫回帰がニーチェの哲学で重要だとは思わない。

2017/10/05

ひつじ

細部を読み込めば、そりゃ大変だろうが、ドゥルーズが語りたいメインテーマは非常に分かりやすかったと思うけどなぁ。ドゥルーズ自身以前の哲学者を引用して、ドゥルーズの考えとどこが違うのかを詰め、そして「差異」と「反復」がドゥルーズにとってどのような定義なのかさえ大体把握すれば、最後の結論がドラマティックに展開されていくのも流れとしては余裕で読めると思う。ま、ただの哲学の文章読むときのコツでしかないか。細部に囚われない読み方苦手な人は読みにくいかもねぇ……

2021/05/03

hakootoko

「哲学が永遠の真理を探求する営みであり、歴史学は懐疑主義の学問であるが、では哲学史はいかにして可能なのだろうか?」https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マルシャル・ゲルー

2021/01/12

感想・レビューをもっと見る