読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベンヤミン・アンソロジー (河出文庫)

ベンヤミン・アンソロジー (河出文庫)

ベンヤミン・アンソロジー (河出文庫)

作家
ヴァルター・ベンヤミン
山口裕之
出版社
河出書房新社
発売日
2011-01-06
ISBN
9784309463483
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベンヤミン・アンソロジー (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

『翻訳者の課題』-現在、逐語訳は翻訳者の怠慢であり、意訳をして読了可能性を高め、全体で何を表現しているかを示すことが重要だという風潮から光文社古典新訳文庫のようなレーベルが登場してきています。この問題に対して、ベンヤミンは意外にも逐語訳を推しています。『言語一般について また人間の言語について』を発展させたような純粋言語を志向するという目的が前提にあり、逐語訳の断片を原作者の意図を汲み取り、翻訳者の言語の中で繋ぎ合わせ「ちょうどあの破片が一つの器の断片であると認められるように、原作と翻訳の両者をもっと大き

2020/04/30

34

歴史の危機が知覚の危機に類例のない仕方で結びついていたのがベンヤミンの生きた時代であった。技術は知覚の危機を推し進めると同時に、「人間がどこまでそれに耐えられるか」という意味で、知覚の壮大な実験場と化す。技術が主体としての人間をチェックしかつトレーニングするとき、歴史の危機は、政治がそれを全面的に我有化する傾向においてあらわになる。「政治を美化するためのあらゆる努力は、ある一つの点で頂点に達する。この一つの点とは、戦争である」。このとき哲学的認識の任務とはどのようなものでありうるのだろうか?

2017/02/04

ラウリスタ~

前半はなかなか骨の折れる読書だったが、波に乗ってからはかなり面白く読めた。ベンヤミンはドイツのフランス文学研究者っていう位置づけでもいいのかな、ちょっと思っていたのと違った。『翻訳者の課題』『カール・クラウス』『ボードレールにおけるいくつかのモチーフ』『技術的複製可能性の時代の芸術作品』などなどが収められている。ニーチェのようなアフォリズムが心地よく、分析する対象からどんどん離れてベンヤミン自身のことを語りだす口調もよろしい。

2013/03/13

たむよ

難解で錯綜した文章であるのに、何度でも挑戦させてしまう魅力を持つベンヤミンの文章。最初の文章である「言語一般について また人間の言語について」を読み込めば、ベンヤミンの言語・神学的思考が少しだけ開けてくる。このアンソロジーが岩波文庫版、ちくま学芸文庫版と比べて優れているのは、訳者の翻訳にある。原語の雰囲気を損なわず、読みやすい文章を心がける訳者に尊敬の念を示したい(ベンヤミンの目指す「翻訳者の使命」からは、ずれてしまうだろうが)。この本を初めて手にして5年。人生の10冊入りを果たしました。

2016/03/10

白義

ベンヤミンの中でもとりわけ参照されることが多い重要テクストを一冊にまとめたもの。ベンヤミン思想の方向性はこれ一冊でだいたいわかる。唯物論的部分と秘教的、神学的部分が密接に絡み合った独特のエッセイが並んでいる。技術的複製可能性論文は、今から読めば技術的改変可能性を考察するヒントにもなるだろう。より本格的に学びたいならちくまのコレクションが網羅的だが、初心者にはこれ一冊で十分。訳もなかなかこなれていて、決してむやみに難解でもない。文章にある種のスピード感と美的感覚があるのもいい

2011/03/01

感想・レビューをもっと見る