読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

発禁本・秘本・珍本--城市郎コレクション (河出i文庫)

発禁本・秘本・珍本--城市郎コレクション (河出i文庫)

発禁本・秘本・珍本--城市郎コレクション (河出i文庫)

作家
城市郎
出版社
河出書房新社
発売日
2009-11-04
ISBN
9784309481807
amazonで購入する

発禁本・秘本・珍本--城市郎コレクション (河出i文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

MIRACLE

発禁本の収集家である筆者が、猥褻関係の発禁本について、書名と内容の一部を12章に分けて、紹介した本(解説は鈴木敏文)。昭和43年刊行の『悪書のすすめ』(山王書房)が底本。ところどころに、入っている筆者のコメントが、面白い。しかし、『発禁本』にくらべ、本書の内容が猥褻関係に偏りすぎているのが、残念だった(正直、面白くない)。

2013/04/08

橘 劫

米寿を超えられてもなお、秘本の抄録に情熱を燃やす城市郎氏の蔵書の紹介本。内容もまた、文学論としての評価も高い。これほどの本を900円ほどで買えることがまさに稀有な存在である。このような年の召し方を送りたいと思っている。

2010/02/17

感想・レビューをもっと見る