読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしの外国語漂流記: 未知なる言葉と格闘した25人の物語 (14歳の世渡り術)

わたしの外国語漂流記: 未知なる言葉と格闘した25人の物語 (14歳の世渡り術)

わたしの外国語漂流記: 未知なる言葉と格闘した25人の物語 (14歳の世渡り術)

作家
松村圭一郎
佐久間 裕美子
丸山ゴンザレス
出版社
河出書房新社
発売日
2020-02-18
ISBN
9784309617213
amazonで購入する

わたしの外国語漂流記: 未知なる言葉と格闘した25人の物語 (14歳の世渡り術) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡部敬史/おかべたかし

これは編集者のすばらしい仕事。感服。編集者賞があれば年間大賞に推したいくらい。25人もの「こうやって未知なる語学と格闘した」というエピソードですが、人選も幅広いしその物語も多種多様。この人選だけでも大変でしょうが、各原稿がどれも大変読みやすい。大学の先生って原稿、そんなに上手じゃない人も多いんですよ。それをこのレベルまで落とし込んでいったのは並大抵の努力じゃないと思います。この本には記されていない編集者の仕事に最大限の敬意を表します。

2021/06/27

yomineko

読み友様に教えて頂いた素晴らしい本✨外国語に真摯に向き合い、時には激しく戦い、大部分は愛でる。私の外国語学習にも力が入ります。余りにも学ぶ言語が多いので大谷翔平💛様にあやかって「22刀流」とし、22ケ国語に絞りたいと思います。奄美・沖縄語が消滅して行くのは絶対に阻止したいです!昔は話したら「方言札」を下げさせられたとこの本にも沖縄の博物館にも書いていました。何て横暴な!方言を舐めてはいけませんよ!貴重な文化です。私はウチナーグチ(沖縄語)を外国語として学んでいます。外国語&方言\(^o^)/

2021/07/29

河出書房新社の「14歳の世渡り術」というシリーズで、中学生を開かれた場所に連れていってくれるような本です。ですが、若手の社会人の心にも響くと思います。二、三十代になって新しい外国語に出会い、学んでいる方も数多くいらっしゃるから。職業は翻訳家や言語学者をはじめ、料理人やウルトラランナー、牧師など。勉強法も十人十色でした。長い在宅期間を楽しむひとつの方法として、他言語を学び、複数の世界観を自分の中に獲得するのもいいかもしれません。

2020/04/17

ナハチガル

「14歳の世渡り術」という叢書であるのがもったいないようにさえ思える、大人が読んでもまったく遜色のない、という言い方さえ不適切に思える良書。このコンセプト自体をシリーズ化して、世界中の文化人や学者や市井の人に外国語について語ってもらった本を読んでみたい。「異なる言語を学ぶおもしろさは、別の自分と出会えることにある。心と体は一つの固定したものではない。複数の言葉を話すことで、ぼくらはいろんな体を出入りすることができるのだ」。A+。

2020/08/30

KF

未知なる言葉と格闘した25人の物語。 副題がそのままあらすじ。 ここ数年語学が道楽となっている自分にはとても刺激になった。25も物語があるとそれだけ視点があるわけでワクワク出来た。英語についてのみ何となく底が浅いような気もしたが英語は英語でLingua Franca としての宿命を背負っている、とか、英語だけは母語としない人を相手に使うことを想定しておかねばならない言語なんだ、という事に気付いた。文化人類学者が執筆する聞いたこともない言語が多く取り上げられていたがもう少し手の届くレベルを読みたかった。

2020/08/31

感想・レビューをもっと見る