読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

学校、行かなきゃいけないの?: これからの不登校ガイド (14歳の世渡り術)

学校、行かなきゃいけないの?: これからの不登校ガイド (14歳の世渡り術)

学校、行かなきゃいけないの?: これからの不登校ガイド (14歳の世渡り術)

作家
雨宮処凛
出版社
河出書房新社
発売日
2021-01-23
ISBN
9784309617282
amazonで購入する

学校、行かなきゃいけないの?: これからの不登校ガイド (14歳の世渡り術) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Aya Murakami

他館図書館本 雨宮さん…、吹雪のなか登校したり札幌で野宿したりいじめられたり大変だったのですね。ダメな姿をさらけ出さずに武勇伝を語って子どもを委縮させる大人や先生がでてきましたが、恐らくそういう声の大きな大人ってスクールカーストAの苦労知らずなのでしょうね。格差問題でも触れられていましたが恵まれた人間の周りって恵まれた人間しかいないように出来上がっていて、いじめ不登校貧困は自己責任と人の痛みのわからない人間に育つと書いてあったので。

2022/03/27

再生の序章

私は10代、住んでいた隣町の鶴見が好きでした。大人が平日昼間から酒を飲み歩いてカッコ悪いのに、当事者は笑顔で優しいし。 それまで通っていた町の学校は苦痛でしかなく、人の温かさや失敗を優しく受け止める人がいる事を鶴見で初めて知りました。 この本にも、子供は大人がやらかした失敗を聞いて、安心しながら大人になっていきたいエピソードが書かれていました。学校が嫌でも仰向けで笑える人が増える社会にしたいし、引きこもり当事者の私でも、今生きている事を伝えたいと思いました。

2022/06/07

detu

不登校経験を持つ著者からの若い不登校の子供たちへの提言。頼りになるNPOや教育機関も多々ある。生き方の選択肢はいくらでもあると。問題は、貧困が教育を奪い格差社会を生み出すスパイラルだ。14才への提言ですが、むしろキャリアばかりに拘る大人に読んでもらいたい。

2021/05/27

ポチ

 友達の子供や兄の子供など不登校の子が目に付くようになり、解決策を知りたいのと自分の子供の為にも知りたく、図書館で推してた本。さまざまな理由やタイミングがあり、登校拒否と言われていたのが不登校という言葉になり、昔よりも少しづつ認知度が上がってきてる事に安心しました。 子供の事を大人のエゴや周りのエゴに流されず認めてあげる力、多面的で柔軟性など親自身がアップデートしなければいけないと実感。これは物凄い修行ですが、早めに気づいてあげて乗り越えることで子供が大人になった時に自立出来るのかもしれません。

2022/07/24

Asakura Arata

70〜80年代を学校で過ごした自分は、よく学校内で先生やクラスメートから暴力を振るわれた。なぜ振るわれたのが未だに謎である。学外では明らかに傷害罪になることが、学内ではどうどうとまかり通っていた。浪人時代にある中学校の前を通ったら、体育の授業中なのだろう、体操着の女子が教師と思われる男性からぼこぼこに殴られていた。私がそれを見ていていることを気づいたあとも殴り続けていた。治外法権とはこういうことかと思った。学校時代の教師や他児に暴力を振るわれた結果の心の傷が癒えない人が続々と通院してくる。

2021/01/31

感想・レビューをもっと見る