読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

完全版 ピーナッツ全集 24: スヌーピー1997~1998

完全版 ピーナッツ全集 24: スヌーピー1997~1998

完全版 ピーナッツ全集 24: スヌーピー1997~1998

作家
チャールズ・M・シュルツ
谷川俊太郎
出版社
河出書房新社
発売日
2020-11-27
ISBN
9784309629247
amazonで購入する

完全版 ピーナッツ全集 24: スヌーピー1997~1998 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

谷川俊太郎の言う「偉大なるマンネリズム」という表現が実によく理解できる『ピーナッツ全集』第24巻。連載40年を超え、しかしシュルツはマンネリズムに抗うのではなく、味方に付ける。馴染みのキャラクターが、同じシチュエーションで繰り広げる世界の、その味わい深いことよ。とは言え、シュルツは味方に付けたマンネリズムにすら甘えない。時に、新しいキャラクター、そして展開を描き、読者を驚かせる。今巻で言えば、あの赤毛の女の子がついに姿を現す。その登場のさせ方が、実に憎いのだ。(つづく)

2020/12/11

Kumi

クスッと笑える。どのページも本当に可愛い。チャーリーブラウンを応援しています。

2021/09/17

感想・レビューをもっと見る