読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

にぎやかな悪夢

にぎやかな悪夢

にぎやかな悪夢

作家
高橋葉介
出版社
河出書房新社
発売日
2021-07-17
ISBN
9784309728520
amazonで購入する

にぎやかな悪夢 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

なつ

先月の総特集に続き、初の画集。ずっしりと重く、それだけでも期待が高まりました。夢幻紳士シリーズをはじめ44年分のヨウスケワールドを堪能しました。おぞましくも美しい作画に魅入りまくりです。近年の墨を活かした表現も好きだけど学校怪談の単行本の表紙などみたいにアメコミ感のあるポップな塗り方もいいな。

2021/07/22

くさてる

原画展行きたかった。高橋葉介といえば、その独特のストーリーや台詞、展開と構成の妙で唯一無二の存在であることは間違いないのですが、絵の力がほんとうに素晴らしいのです。この画集はその絵の力を堪能するためにまさにマストな一冊。おそらくはもっと数はあるのでしょうが、デビュー時から現在まで幅広く代表作を収録していて、楽しめました。にぎやかで楽しくて、不穏で少しおぞましく、美しい。素晴らしいです。

2021/08/12

kei-zu

そのサイズと値段から刊行時は購入を控えていたのですが、9年ぶりの「夢幻紳士」最新刊のあとがきで本書に触れる記述があり、我慢できず購入。 80年代の「メディウム」表紙が懐かしい。 書名に現れるように著者が描く怪異はユーモアを秘め、登場人物は困難な状況に前向きに立ち向かう。著者のお人柄かと思う。 そして、私はファンで居続けるのです。

2022/06/05

Mark.jr

著者の作品の大きな魅力の一つとして、筆ペンで描かれた独特で優美な絵を挙げても、誰も異論を唱えないのではないでしょうか。本書は、そんな著者の初画集で、まさにファン待望の一品。逆に何故今まで画集がなかったのか、結構謎。収録されているのは近年の作品多めですが、チャンピオンで連載していた頃や、なんなら学生時代のものまで。割りと大きな変遷がある著者の絵柄の歴史を網羅しており、好みの絵もきっとあるはず。ページをめくると、むせ返るほどのインクが匂い立つ、そんな一冊。

2021/08/04

きゃめる

原画展にてサイン入り購入。唯一無二のタッチに酔いしれる

2021/07/23

感想・レビューをもっと見る