読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

総特集 大和和紀 デビュー55周年記念 (KAWADEムック 文藝別冊)

総特集 大和和紀 デビュー55周年記念 (KAWADEムック 文藝別冊)

総特集 大和和紀 デビュー55周年記念 (KAWADEムック 文藝別冊)

作家
大和和紀
出版社
河出書房新社
発売日
2021-07-14
ISBN
9784309980324
amazonで購入する

総特集 大和和紀 デビュー55周年記念 (KAWADEムック 文藝別冊) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ばう

デビュー55周年記念。これ一冊読めば大和和紀先生の事が全て分かる!という本です。よく読んでいた記憶があるのに覚えているのは『はいからさんが通る』と『レディーミツコ』だけ。『りぼん』とか『週マ』の方を愛読していたからかしら?忠津陽子さんと同郷で一緒に上京してたんですね、びっくり!青池保子先生山岸涼子先生との鼎談なんて豪華な。デビュー作『どろぼう天使』も高校時代のノート漫画『リュシエンヌの鏡』も今読んでも引き込まれるストーリー。『はいからさん』久しぶりに読み返したくなってきました。実家にまだ残ってるかなぁ。

2021/11/29

どあら

妹から借りて読了。「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」「ヨコハマ物語」「眠らない街から」「虹のナターシャ」「紅匂ふ」「ポケットの中の奇跡」「ゼフィルスの森」「イシュタルの娘」など、ずっと読み続けていきたい漫画です✨✨😆

2021/09/10

jamko

大和和紀は『あさきゆめみし』しか読んでないんだけど、インタビューも対談もほんと面白い。萩尾望都はじめ個性的な若い少女漫画家たちが花開いた時代、王道エンターテイメントに活路を見出した人。カラーイラストもほんと美しくてため息が出る。『はいからさんが通る』や『イシュタルの娘』も早急に読まねば!

2021/07/29

せーちゃん

大和先生の大ファン、という訳ではないのだけど、モヨコ先生、おかざき真里先生さらに、萩尾望都先生の特別寄稿がある、という情報から購入。じつは、あさきゆめみしもハイカラさんも、さらっと読んだ程度。でも、アラミスが好きだったな。きたがわ翔先生も書いてましたが、ラブコメなんだよな(笑)特別寄稿、うっとりでした。

2021/08/03

chitotaka

画業55周年記念のムック本。山岸・青池両先生との鼎談、キャラの人気投票、厳選作品解説など盛り沢山。大和先生の作品群を眺めると、主人公が溌剌として前向き、ストーリーは面白く、魅力的な恋人、多彩な登場人物たちという点が一貫している。ご本人のインタビューでも、極く初期の段階から芸術性の高いものでなく、良質なエンタメを読者に贈ろうと考えていたという。安野モヨコ先生が描いていた通り、大和先生の作品群を少女時代に読めたのは確かに幸せなことだった。あと大和先生、あらゆるポーズの着物姿を描かせたら漫画界一上手いと思う。

2021/12/05

感想・レビューをもっと見る