読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す

作家
斎藤学
出版社
学陽書房
発売日
1996-04-01
ISBN
9784313860018
amazonで購入する

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みゃーこ

なんか家族の中に潜む病理について考えさせられる。社会の最小単位である「家族」という集団の中の人間関係で形成されていく人格の基礎を振り返ると誰でも少しは落ち込むものでできればやり直したいと望むんだろう。きっと…。自分がこんなんなのは自分のせいではなかった。というアダルトチルドレンという概念はある種の自分への免罪符を与えられるセンセーショナルだったが、「で?」というところでやはり傷は癒されて恵みにしていかないといけない。人間によって傷つけられ、そしてまた人間によって回復させられていくしかないのだろう。

2013/07/21

機能不全家族の中で育った子供が、そのまま大人になっても家族内トラウマを持ち続け、その後遺症として生きにくさを感じる。そのような人々をAC(アダルトチルドレン)と呼ぶ。〝ACとは医学用語やレッテルなどではなく、トラウマが原因で生きにくさを感じる人達が辿り着く一つの自覚〟だそうで、その自覚を持っているのといないのとでは、同じ苦しみでも感じ方は違ってくるものです。色々と学べる事はあったけれど、結果的には『変えられないものは受け入れるほかない』が全てなのでしょう。そこまでいく事が大変で、苦痛ではありますが。

2017/05/23

カッパ

1996年の本ということで今からいうとなんと20年くらい前の本である。今でこそ疾患に関わる沢山の職業の教科書に書かれてるくらい浸透していることが書かれている。今でも色褪せない内容だ。この本の功績は大きかったのだろうなと感じてしまった。

2017/01/31

nobody

日本社会にはパチンコが存在している。従って権力=体制が悪であることは自明である。なぜ権力はアダルト・チルドレン(AC)を放置しているのか疑問だったが、問題化するどころか推奨していたのだ。ACは差別や戦争と違って根絶できる。あるアメリカの精神科医が「これから三代にわたって親たちが子どもを虐待することがなくなれば」と言う通り。だがACは「他人(権力)にとって都合が良い」。なぜなら「他人の役にたっていないと生きていてはいけないような気がする」という心性を形成するからである。必然的に斎藤の所論は政治性を帯びる。

2018/07/11

maimai

幼少期に暴力や虐待を受けた子供は心に傷を受けたまま大人になるみたいです。こうした人をアダルトチルドレンと呼び、人間不信や犯罪に走るといった問題を引き起こすみたいです。そしてアダルトチルドレンの子供もアダルトチルドレンとなりその連鎖は続くみたいです。反抗期のないいい子は危なく、自我を持てないことで統合失調症などの精神病に苦しむみたいです。自分も言いたいことが言えず、人の顔色をうかがってばかりの苦しかった時期があったので、アダルトチルドレンで苦しむ人が少なくなることを願っています。

2015/07/29

感想・レビューをもっと見る