読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

作家
エムラン・メイヤー
高橋洋
出版社
紀伊國屋書店
発売日
2018-06-28
ISBN
9784314011570
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

悩みで胃が痛い
大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる
腑に落ちない
──誰しもが身に覚えのあるこれらの感覚、ここには、体内で休まず交されている「見えない会話」が関わっていた。

ヒトゲノム計画からヒトマイクロバイオーム計画に移行した現代、 生命科学のトレンドとして注目を集めているのは「腸」。

腸管神経系(ENS)は「第二の脳」とも呼ばれ、5000万~1億もの神経細胞から構成されており、このENSと脳が常時やり取りしている厖大な情報が、心身の健康維持にきわめて重要な役割を果たしている。

腸内マイクロバイオームの異変は、慢性疼痛、過敏性腸症候群(IBS)、うつ病、不安障害、自閉症スペクトラム障害や、パーキンソン病などの神経変性疾患に結びつく可能性がある。

脳-腸-腸内細菌の情報ネットワークの緊密さと重要性、諸疾患と腸内細菌の関係、情動と内臓感覚、健康な身体を維持するために実践したい食習慣などについて、脳と腸のつながりの研究における第一人者が、わかりやすく解説する。

「腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか」のおすすめレビュー

「悩みで胃が痛い」「大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる」…これらは腸と脳のつながりが関係していた!?

『腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』(エムラン・メイヤー:著、高橋洋:訳/紀伊國屋書店)

 学校や仕事に行くときに乗り物に乗ると便意を催すとか、大事なプレゼンやスピーチをする直前で、必ずトイレに行きたくなる人は少なくないだろう。このように、脳で考えたことが体に影響するということは、反対に体で起きていることが脳に影響することもあるのではないか。つねづねそんなことを考えていたら、『腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』(エムラン・メイヤー:著、高橋洋:訳/紀伊國屋書店)という、まさに脳と腸の結びつきについて論じている本書と出逢った。

 胃腸病学者である著者は「以下の記述は食事の会話のネタにしないほうがよい」と述べながら、基本的な腸の働きについて解説している。食べ物が酸性度の高い濃塩酸に満たされた胃で細かな粒子に粉砕されると、次に受け取った小腸は胆嚢や膵臓が分泌する種々の消化酵素の助けを借りて、さらに分解し栄養素を吸収する。そして、大腸において水分の90%が吸収されてから、内容物は直腸に押し出さ…

2018/7/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やいっち

今、腸(体に関わる細菌)のみならず、AIや宇宙観も含め、大変貌を遂げつつあることは、本ブログでもメモってきた。「腸や腸内微生物は、身体はもちろん心の影響にさえ、非常に大きな影響を及ぼすことがわかってきた」のだ。  例えば、「人間自身が持つ遺伝子の数は、およそ二万二〇〇〇だが、この数は人体の内部や表面に存在する遺伝子の総数の一パーセント相当にすぎず、残りの九九パーセントはマイクロバイオータが保有する」。

2019/01/04

アキ

西洋医学は臓器別である。科学が分類を推し進めた。人体は1つの宇宙である。消化器系と神経系の組織に「脳腸相関」という概念が提唱され、5000万以上の神経細胞をもつ腸は「第2の脳」と呼ばれる。腸内のマイクロバイオームには100兆を超える微生物が存在し「人体は微生物の乗り物にすぎないのか?」と哲学的な問いに至る。人間はヒトの構成要素と微生物の構成要素から成る超個体であり、「脳―腸―マイクバイオーム」相関の崩れが病気を生む。腸脳相関の健康を保つためには、食生活を見直すべき。古来からの日本の発酵食品のよさを感じる。

2018/12/10

OHモリ

●最近、医学界でも話題になっている腸内細菌の話はとっても関心のある分野だけど、図書館の貸し出し期限2週間を過ぎたのにまだ半分弱しか読めてなかった。学術書じゃないんだからもっと分かりやすくというか、物語形式じゃなくて今分かっている結論とそのエビデンスみたいな形でもっと簡潔に書いてほしかったなあ。 〇人間の腸は、平らに延ばせばバスケットボールコートほどの広さになり・・・〇人間の腸内には、100兆を超える微生物が生息している。 ●「脳-腸-マイクロバーム」の関係が書かれている。

2019/05/11

emuuwaii

「脳-腸-マイクロバイオータ」相関についての本。思っていた以上に、脳や精神障害に対する記述が豊富。脳と腸と腸内細菌の綿密なやりとり。直感的判断に内臓感覚が関与していること。マイクロバイオームは一つの生態系であること。食行動にも嗜癖があること。腸内細菌叢の攪乱は脳に悪影響を及ぼし脳疾患に関与することなど、興味深い知見が豊富な例と共に記述されていました。対策は私たち一人一人が「生態系エンジニア」として役割を果たすこと。ひとまず、動物性脂肪を控え、発酵食品をとり、食べ過ぎず、腸の声を聴くことから始めてみよう。

2019/05/05

せっかちーぬ

12月から読んでた本。やっと読了。ASDの子と関わっていた数年前、その子は便秘に悩み、給食も食べられなかった。かく言う私も、鬱抜けしてしばらくは、家族以外の人との外食が怖かった。長男の便秘やアレルギー(今は軽減)も、実はパンやお菓子を繋ぎで食べさせていた時期と重なっていて。なんだか色々なことが繋がっていて、ドキッとさせられた。私の場合は、消化させる食べ物を減らすことが大事みたい。私含め、家族や前出の子とは、古来の発酵食品を中心とした日本食を、ゆっくり楽しんで食べることを心がけたいと思う。

2019/01/01

感想・レビューをもっと見る