読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

作家
エムラン・メイヤー
高橋洋
出版社
紀伊國屋書店
発売日
2018-06-28
ISBN
9784314011570
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

悩みで胃が痛い
大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる
腑に落ちない
──誰しもが身に覚えのあるこれらの感覚、ここには、体内で休まず交されている「見えない会話」が関わっていた。

ヒトゲノム計画からヒトマイクロバイオーム計画に移行した現代、 生命科学のトレンドとして注目を集めているのは「腸」。

腸管神経系(ENS)は「第二の脳」とも呼ばれ、5000万~1億もの神経細胞から構成されており、このENSと脳が常時やり取りしている厖大な情報が、心身の健康維持にきわめて重要な役割を果たしている。

腸内マイクロバイオームの異変は、慢性疼痛、過敏性腸症候群(IBS)、うつ病、不安障害、自閉症スペクトラム障害や、パーキンソン病などの神経変性疾患に結びつく可能性がある。

脳-腸-腸内細菌の情報ネットワークの緊密さと重要性、諸疾患と腸内細菌の関係、情動と内臓感覚、健康な身体を維持するために実践したい食習慣などについて、脳と腸のつながりの研究における第一人者が、わかりやすく解説する。

「腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか」のおすすめレビュー

「悩みで胃が痛い」「大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる」…これらは腸と脳のつながりが関係していた!?

『腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』(エムラン・メイヤー:著、高橋洋:訳/紀伊國屋書店)

 学校や仕事に行くときに乗り物に乗ると便意を催すとか、大事なプレゼンやスピーチをする直前で、必ずトイレに行きたくなる人は少なくないだろう。このように、脳で考えたことが体に影響するということは、反対に体で起きていることが脳に影響することもあるのではないか。つねづねそんなことを考えていたら、『腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』(エムラン・メイヤー:著、高橋洋:訳/紀伊國屋書店)という、まさに脳と腸の結びつきについて論じている本書と出逢った。

 胃腸病学者である著者は「以下の記述は食事の会話のネタにしないほうがよい」と述べながら、基本的な腸の働きについて解説している。食べ物が酸性度の高い濃塩酸に満たされた胃で細かな粒子に粉砕されると、次に受け取った小腸は胆嚢や膵臓が分泌する種々の消化酵素の助けを借りて、さらに分解し栄養素を吸収する。そして、大腸において水分の90%が吸収されてから、内容物は直腸に押し出さ…

2018/7/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る