読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うみキリン (新しいえほん)

うみキリン (新しいえほん)

うみキリン (新しいえほん)

作家
あきやまただし
出版社
金の星社
発売日
1996-10-01
ISBN
9784323024103
amazonで購入する

ジャンル

うみキリン (新しいえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kawai Hideki

幼稚園の推薦図書。海に住む架空の動物、うみきりんの紹介。深いところでも水面に頭を出しているので、身長は1万メートル。海に浮かんでいるものは何でも食べて綺麗にし、遠くの仲間と話すときに大声で話すので、大波が立つ。特にストーリーはないが、スケール感の大きさが楽しい絵本。

2016/08/27

もっちゃか

うみキリンの初登場シーン、見開きいっぱいにドドーンと顔の上半分の迫力!思わず「おぉぅっ!」と言ってしまいました(笑)身長1万mってすごいなぁ。波が立っていたらうみキリンがお話ししてるのかも?遠くに見える船って実はうみキリンかも?と、これから海を見るのが楽しくなりそうです♪海や空の色の、少しずつ違う様々な青がきれいでした。

2013/05/16

はるごん

1歳7ヶ月。小児科の待ち時間に読み聞かせ。最近動物に興味津々なのでキリンに喜んでいたけど、このキリンはうみキリン(^_^;)広い海を探せばうみキリンに会えるかな。

2018/11/14

はな

小さい頃から好きな本です。海を歩く海キリン。その高さは10000メートル!魚や鳥たちからも愛される、海をきれいにしてくれるキリン。子どもの海キリンはとっても可愛い。

2020/07/31

二条ママ

4歳4ヶ月。図書館本。うみにいるキリン、面白くて新鮮。もしかしてふねだと思ってたのは、キリンかも。

2015/08/11

感想・レビューをもっと見る