読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

へんしんマンザイ (新しいえほん)

へんしんマンザイ (新しいえほん)

へんしんマンザイ (新しいえほん)

作家
あきやまただし
出版社
金の星社
発売日
2010-08-01
ISBN
9784323033679
amazonで購入する

ジャンル

へんしんマンザイ (新しいえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

あら、へんしんはシリーズなんですねえ。オタマさん大笑い。だんだんこういう言葉遊びが楽しい年になってきたようです。他のシリーズも読んでみたいなあ。

2018/05/01

ふじ

息子『まんざい』ってなに?と言いつつ、言葉がへんしんすれば楽しいからいいんです。いつものへんしんシリーズ。もう母には1冊1冊の違いがわからない(笑)

2017/11/07

ハワイ猫

次男に。最初はん?という顔をしていたけど、意味がわかると次は何に変身するか予想しながらページをめくり、楽しそう!ちょっと無理矢理?なのもそれはそれでウケていた。読み方にコツがいりますが(めくるタイミングに合わせて…)、とにかく一緒に唱えるのがミソかも。

2015/09/05

しろくま

6歳5か月の息子と4歳9か月の娘にパパが読み聞かせ。漫才になっています!子どもたちにめっちゃうけていました。「もう1回読んで!」とのリクエストあり。

2020/08/09

しろくま

4歳9か月の娘と。娘がこの本を気に入って暗記するほど読んでいます。そして今回はこの本の通りに娘と漫才をやりました(^^;娘は、特に最後の漫才が好き。「今日は会場にお母さんが来ているのですよね?」「私のかーたん?」「あなた、お母さんのこと かーたんって呼んでいるの?」「かーたん かーたん…」という感じのネタを何回も。他のネタもなかなか面白いです。

2020/08/12

感想・レビューをもっと見る