読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー

トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー

トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー

作家
廣嶋玲子
コマツシンヤ
出版社
金の星社
発売日
2020-03-13
ISBN
9784323059013
amazonで購入する

トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

コマツシンヤさんの表紙に惹かれて。怖がりのダイが、砂漠のキャラバンと過ごすうちに少しずつ逞しくなっていく。子どもの成長ってめざましい!旅行社のおじいさんやナビゲーターのミミズクのキャラクターもいいし、ドコダココナッツとかドクロザクロとか、面白いアイテムがいっぱい。この作品もきっとシリーズ化するんだろうな。

2020/10/01

ゆみきーにゃ

《図書館》児童書。ジュース一本からここまでお話が広がることが面白い。一緒に旅してるつもりで読めるのがまたいい!

2020/10/01

☆よいこ

児童書。冷蔵庫に入っていた外国製のジュースを勝手に読んでしまった時川大悟(ときかわだいご)は、怒られるのが嫌で、慌てて同じジュースを探して店を回る。だけど同じジュースを見つけることはできなかった。フクロウに導かれて入った不思議な旅行会社で「砂漠のフルーツ狩りツアー」を進められ、大悟は異世界に旅に出る。4つのフルーツを見つけなければ元の世界に帰れない。大悟(ダイ)は塩のキャラバンとともに砂漠を行くことになる。▽面白かった。中学年から。

2020/06/26

hirune

トラブルを抱えたお客がそれを解決するための旅行を斡旋してくれるトラブル旅行社。飲んじゃいけないジュースをうっかり飲んでしまった大吾は不思議なフクロウに導かれ思いっきり怪しいトラブル旅行社の不思議な旅行に出ることに。子供だからって甘やかしたりしない廣嶋玲子さんの冒険ファンタジー、波乱万丈で楽しい旅でした♪ナビゲーターのミミズクのトワがクールで生意気な良い味出してました♡😄

2020/09/08

みつばちい

銭天堂の廣嶋さんなので、短編かと思いきや長編でした。総ルビだし文字も大きいから読み慣れた子なら低学年でも読めそう。冷蔵庫にあった見たことのないジュースを飲んでしまい家族に怒られそうだから街を探し歩いていて迷い込んだ旅行会社。風変わりなその店で、そのジュースを手に入れる旅を手配してもらったのはいいが、いきなりの砂漠!ミミズクのナビゲーターを肩に止まらせながら、塩商人のキャラバンにまじり旅を始める。特技の料理を武器に、無事ジュースを手に入れて帰還できるのか、、?シリーズ化するのかな、なかなかワクワクした。

2020/04/13

感想・レビューをもっと見る