読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こんなとき、どうする? 子どものぎもん事

こんなとき、どうする? 子どものぎもん事

こんなとき、どうする? 子どものぎもん事

作家
国崎信江
諸富祥彦
今泉忠明
出版社
金の星社
発売日
2017-09-22
ISBN
9784323073934
amazonで購入する

こんなとき、どうする? 子どものぎもん事 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

にこにこ

ちょっと言い方をなおせばいいのに、と思うのは子どもばかりではないけれど。「仲直りのしかた」とか「勝負に負けて悔しいとき」とか、教えてもらった記憶がないけど、アドバイスもらうと気持ちのコントロールがうまくできるのかも。

2018/01/20

ひなぎく ゆうこ

海の『助けてサイン』は覚えておきます。

2018/02/06

Elizabeth

読みやすいしおもしろい。まじめな話なんだけどね。あと最後の宇宙人に会ったらどうする?…予想外すぎたけど、疑問に思ったことある子どももいるかもしれないね。

2017/12/06

がんぞ

危機管理の難しさ/イジメを受けた場合や友人との貸借トラブルなど『オトナに相談しよう』という回答はどうかと思う、イジメは人間の本能と言って良い「転校生がいじめられていたら」「同級生の万引きの噂を聞いたら」子供は子供社会のルールで生活しているから、オトナの干渉は事態を混乱させるのではないか/「痴漢に遭ったら」「宇宙人に会ったら」ヒトを食べモノと思っている可能性のあるモンスターに性善説は論外。

2018/03/28

ゆうしゅまむ

公立図書館I)こころ・からだ、友だち・学校、自然・生き物、危機管理の4章で構成。子どもたちの身近なトラブルや悩み、疑問に答える本。内容は深くないが、簡単な言葉と、マンガやイラストを使い、アドバイスしてくれる作り。読みやすい本。読める子ならば2年生でも理解できると思う。

2018/01/27

感想・レビューをもっと見る