読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

食農倫理学の長い旅: 〈食べる〉のどこに倫理はあるのか

食農倫理学の長い旅: 〈食べる〉のどこに倫理はあるのか

食農倫理学の長い旅: 〈食べる〉のどこに倫理はあるのか

作家
ポール・B. トンプソン
太田和彦
出版社
勁草書房
発売日
2021-03-19
ISBN
9784326154685
amazonで購入する

食農倫理学の長い旅: 〈食べる〉のどこに倫理はあるのか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

takao

ふむ

2021/08/22

Go Extreme

倫理学概略:食農倫理学の旅の始まり 哲学者の方法─権利論、美徳理論、功利主義 食べる物では決まらない:社会的公正 環境問題 リスク 文化的アイデンティティ 自由主義社会 自由主義の課題 社会的不公正:フードシステム 哲学的問題 人種、ジェンダー、民族性と不公正 食料運動 食生活の倫理と肥満:飲食論 個人の道徳的責任 責任追及 食農倫理学の根本問題:貧困と飢饉 食料安全保障 家畜福祉と食肉生産の倫理 フードシステムと環境への影響─地場産の魅惑 緑の革命型の食品技術・満たされなさ 倫理、リスク、そして食の未来

2021/05/16

Yasuyuki Kobayashi

食料に関する哲学的な論文。 肥満による医療費の増加、肉食の為の 屠畜の是非、遺伝子操作による食物生産、 貧富の差や気候変動による飢饉飢餓の問題 など一筋縄では解決できない論考が続く。

2021/07/29

感想・レビューをもっと見る