読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

動物意識の誕生 下: 生体システム理論と学習理論から解き明かす心の進化

動物意識の誕生 下: 生体システム理論と学習理論から解き明かす心の進化

動物意識の誕生 下: 生体システム理論と学習理論から解き明かす心の進化

作家
シモーナ・ギンズバーグ
エヴァ・ヤブロンカ
鈴木大地
出版社
勁草書房
発売日
2021-05-21
ISBN
9784326154753
amazonで購入する Kindle版を購入する

動物意識の誕生 下: 生体システム理論と学習理論から解き明かす心の進化 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yooou

☆☆☆☆★ 進化の過程において人間がもっている意識のもととなる最低限の意識はいつどの動物に芽生えたのか。一つの動物に一度きりの発現だったのか複数の動物で複数回起こったのか。途轍もなくスリリングな話でとても面白く読ませていただきました。

2021/08/24

黒豆

上巻の意識とは何か、神経系との関係から始まり、下巻は連合学習がキーか!予断的だが、タコの脚の制御の機能が興味深かった。

2021/08/11

mim42

大作。正直読みづらかったが、翻訳のせいではない。他の関連文献数件とともに、本書のサマリを下記のスライドにまとめた(期間限定公開)

2021/07/31

gachin

自己の身体学習について思考が整理されたのは有益だった。学習が身体形態の安定性に依存してるのを引き合いに出して、それをバウプランの安定性に寄与したかもと結びつける議論が面白かった/ ガルシア条件付けに選択圧がかかるとボールドウィン効果になる?/ こういう本の常なのかもしれないが、提示された仮説がなぜ妥当なのかの説明が少し薄い気がした。なんというか「我々はこう考えてます」って書いてるだけな部分も多かった印象/ 本書の裏テーマは生物学的(自然科学的)目的因の復権。

2021/10/31

陽香

20210520

2021/07/29

感想・レビューをもっと見る