読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幻視者 上―あるいは社会主義の先駆者たち (古典文庫 16)

幻視者 上―あるいは社会主義の先駆者たち (古典文庫 16)

幻視者 上―あるいは社会主義の先駆者たち (古典文庫 16)

作家
ジェラール・ド・ネルヴァル
入沢康夫
出版社
現代思潮新社
発売日
1968-01-01
ISBN
9784329003188
amazonで購入する

幻視者 上―あるいは社会主義の先駆者たち (古典文庫 16) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

刳森伸一

『幻視者-社会主義者の先駆者たち』というタイトルは的を射ているとはいいがたく、実際には、奇人伝という様相を呈している。とはいえ、自分をアンリ2世と思い込んだスピファームや、有名な詐欺師カリオストロなど興味深い人物が並んでいるし、事実の羅列に終わらないネルヴァルの筆も冴えていると思う。上巻での白眉は、『悪魔の恋』で有名な作家ジャック・カゾットの小伝だろう。これを読んで『悪魔の恋』が読みたくなった。

2019/10/29

感想・レビューをもっと見る