読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた

大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた

大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた

作家
樋口毅宏
出版社
交通新聞社
発売日
2020-03-03
ISBN
9784330037202
amazonで購入する Kindle版を購入する

大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

4月から新職場の寺

樋口毅宏さんの本は、たぶんほとんど読んでいると思う。とりわけ本書は共感しながら楽しんで読んだ。昭和40年代生まれの人間には懐かしい話題ばかりである。都会で生まれた樋口さんには映画は近い娯楽だが、田舎に育った私には、映画は電車に乗って何時間もかけてわざわざ観に行き、二本立て拝見後は必ず頭痛を起こすリスキーな娯楽だった。ラジオの話も懐かしく、私もとんねるずのオールナイトニッポンは嫌いだった。コサキンは最高に好きだった。大槻ケンヂは本当に話芸の達人だと思う。電グルも良かったが、瀧さんがああなるとは。面白かった。

2021/01/06

はれひめ

大江千里「十人十色」佐野元春「サムディ」「アンジェリーナ」久々に聞きたくなりました。BOØWYや尾崎豊、時代の寵児を熱く語る樋口さんに一々同意。ECHOESの辻仁成の変遷は遠目に。アゲアゲ気分にさせてくれる一方、樋口さんの家族愛や池袋愛は切ない。大江千里は学祭で前列中央で観れたし、(翌年は山本達彦だった)渡辺美里の西武球場も、バービーボーイズの東京ドームも参戦した私も歴史の目撃者だ。「サワコの朝」大江千里の回見逃したからネットで拾おう。樋口さんお願い。もっと描いて。青春時代を思い出させてくれて感謝です。

2020/06/17

あみやけ

東京生まれでもないし、プロレスも洋楽も好きではないですが、佐野元春は大好きだったし、GBも買ってたし、世代も同じで、共感することが多かったです。とっても懐かしい気分になりました。でも、こんなので本が描けるのなら、僕にも書けそうです。ここまでおもしろおかしくは書けませんが。昭和の後半から平成を振り返るいい機会になりました。

2020/10/31

nagatori(ちゅり)。

もう、書いてある単語がいちいち懐かしすぎて、そして多すぎてうまいことレビューを書ける気がしません。ちょっと読むだけで胸いっぱい、お腹いっぱい。私も大江千里と渡辺美里は結婚すると思ってた。PATi PATiとかGB、買ってたなあ。そして何より、樋口さんが羨ましく、妬ましい。東京に住んでいるって、こういうことなのか。私が憧れ、行きたかったライブ、映画、コンサート、想像するだけで遠いものだったアーティスト達のあれこれを思う存分に浴びている姿がもう、ああもう、いいなぁぁ←田舎者の僻みです(笑)

2020/06/19

感想を読んで、速攻ゲット♪そして、今日はラジオから、千里さんのRainが流れました(^^)/クリスマスイブにコンサート行ったなぁ。中免の一本橋の時に、今ぁ~ ステレオぉ~またいだぁ~君のぉ~足をぉ~見あげてぇ~ ♪ってカウントしたなぁと、学生時代の記憶がボロボロと、懐かしい。

2020/06/22

感想・レビューをもっと見る