読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

虫の虫

虫の虫

虫の虫

作家
養老孟司
出版社
廣済堂出版
発売日
2015-07-03
ISBN
9784331519431
amazonで購入する

虫の虫 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マエダ

”いい歳をして山中で網を振り回す。珍奇な虫が採れると、ワーッとかギャーとか叫ぶ。どう考えたって、きちんとした分別のある大人の行動とは思えないし。しかも採ってきたゴミみたいな虫を一日中眺めすかすかして、ウーンとか、スゲェーとか、騒ぐ。家族の誰も共感なんかしない。”年とったらこのくらいの方がいいと思うし憧れる。

2016/04/01

ZEPPELIN

半分以上が虫の話。虫は嫌いだけれども、養老信者として我慢して読む。非常にありがたくないことに掲載されている写真がオールカラーなので、どの虫もカラフル。写真なのに怖い。とはいえ虫についての文章なので、養老先生の語りも楽しそう。ハチに刺された翌日も虫捕りをしたという話を聞くと、まだまだ元気である。印象に残ったのは、アナフィラキシー・ショックで景色が良くなったという経験。刺されてショック死するよりはマシかなと思うけれど、意識の低下もあまり経験はしたくない。自然の怖さは忘れないようにしたい

2015/07/31

わらわら

「虫の虫?」=「本の虫」なんて本好きな人が言うではありませんか。虫屋が虫を探す、捕まえるを見ているのが愉しい。私は「虫屋の虫」かなぁ。虫屋さんが虫を探すのは命がけです。でも愉快で愉しそう。この間読んだ本の戸塚洋二氏はがんと闘いながら植物を愛でた。私は虫探しに専念するだろうなと思う。養老さんの哲学的な文章は???面白いけど。

2015/11/21

ユ-スケ

ラオスにこんなにも行くとは根っからの虫屋だな養老さん ただ、視点がやはり、というかなんというか、解剖学的 生態学的にはなんだかおかしな解釈してるなあという部分もあり、人の視点って個別的か全体的かのどちらかにしか持てないものなのかなあ・・と 両方、バランスよく持ちたいものなのだと思うのだけどね

2017/11/29

mick

虫捕りの現実を垣間見ることができた。各頁下のゾウムシのイラストは洗脳か。小さい頃は昆虫採集も好きで人一倍興味もあったのに、今では虫もあまり見かけない都会暮らし。つまらなさを思う。情報化社会と諸行無常、研究自体より他人の評価に価値を置く、など相変わらず養老節がおもしろい。

2015/09/25

感想・レビューをもっと見る